特効薬はないのだ!!

本日より通常メニューを実施する!!と、心に決めてアラームをセットして寝たのに…自然に目が覚めて時計を見たら5時っ!(◎_◎;)

何故だ??アラームを消したのか??と、直ぐに携帯を確認すると、充電が無くなって、電源が落ちてたっσ(^_^;)

ということで、予定より40分以上遅れて朝練実施!!

平地もそこそこ踏んで行くも、どうもワットが低い。

ぶどう坂を3本狩りました!!

 

1本目、279W、14:28

スタート直後は何とか300Wの数値を見るものの、徐々に見えなくなる…何とか踏ん張って、280Wを目指すも踏ん張りきかず…

辛い…辛すぎる…

 

2本目、258W、14:53

スタート直後から270W前後しか力が出ない…

パワーメーターが壊れてるんじゃないのか??と思ってしまうぐらい、パワーが出ない。

パワーの出し方が分からない…

辛いが、やめてしまえば全てが終わってしまうので、辛いが上った。

 

3本目、260W、14:57

悲しさを感じながら、上った。

最速11分半を切るぐらいで上っていたのが、信じられない…

何なのか?この感じは??

絶望感が襲って来る…

腰というか肋骨というか、背中が痛い。

痛み止めを飲んでいなかったら、走れていないのか…??

 

まず考えられることは…

痛みを避けて走っている可能性が高いこと。

片足ペダリングすると著明になるのですが、右足の片足ペダリングだと、左肩に強いストレスを感じ、左肋骨には強い痛みが走ります!

左足の片足ペダリングだと、ほぼ違和感なし。

歩行時の筋活動と同じで、右足で踏ん張る時には、左上半身にカウンターの力が生じ、バランスを取り、力を発揮している。

60Wぐらいのほぼ無負荷の片足ペダリングで痛みやストレスを感じるということは、両足ペダリングで負荷を掛けて走っている時には、当然ながら強いストレスが左上半身に掛かっている。

それを自然に避けていたり、上手く左上半身を使えないがために、パワーが出ない可能性が高いと考えられる。

 

そして、もう1つは、しばらく負荷を掛けていなかったので、廃用が進み、筋力低下が進んだこと。

 

 

痛み止めの効果もあるだろうが、悪化はしていないので、継続してトレーニングするしかない!

特効薬はないのだ。

やらなければ衰えることだけは確かなのだ!

 

続けるしかない!

今の努力の結果は、1ヶ月後にしか分からないのだ!!

まずは、運動適応させるために、峠を上ること。

そして、出来れば負荷を上げること。

諦めずに頑張ります!!!

 

チクショウ!!!

情けない!!!

絶対復活してやる!!!

 

changingman  兼松大和

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA