COLNAGO CONCEPT について

やっとこさ、コルナゴが満を持して登場させたエアロロードのコンセプトについて記載する時が来ましたっ!!

フレームを購入したものの、載せ替えに手間取り、途中に富士や美ヶ原のヒルクライムもあったので、3月末に到着したが乗り始めたのは6月中旬…

(この写真には、パイオニアパワーメーターは付いていない。)

 

載せ替えに手間取ったのは、初期型のパイオニアのパワーメーターをコンセプトに付けようと思っていたが、コンセプトのBBの規格と初期型パイオニアが上手く合わず、センサーマグネットが干渉してしまったから。。。

それを何とかしてもらおうと、困った時の”のむラボ”に持ち込んだのでした。

色んなアイテムを仕入れてもらい、本当に色々と試行錯誤して頂いたのですが、結局付けることができませんでした。

パイオニアの初期型は、円周になっているマグネットをBBを覆うように取り付けるのですが(これがペダリングのベクトルを読み取るのに必須)、どうしてもマグネットとクランクが干渉してしまうのでした。

無念…

ということで、清水の舞台から飛び降りる気持ちで、ニューパイを購入したのでした。

ニューパイは、赤色カバーにしましたっ☆

 

ロードレースもヒルクライムもレース強度で走ったので、それを元に感じたことを主観盛りだくさんで記載致しまする~☆

 

さてさて、まずは各部位から見て行きましょう(^^)/

 

まずはフレーム本体だっ!!

かっちょえ~!!!

追加オプションで、ゴールドに致しましたっ!

とても綺麗なペイントに感動☆

 

光沢感が半端ないっ( ゚Д゚)

 

エアロ形状なので、後ろ三角の形も独特です。

 

では、重量測定に行きましょう!!!

 

フレーム重量は…

1.285kg!!!!!!

ひょえ~( ゚Д゚)重いっ!!!!!(笑)

コルナゴは軽さを追求しているバイクではないので、当然と言えば当然なのですが…

クライマーで軽量化にこだわる私としては、ビビりましたね~☆(笑)

まぁ~実業団でレースに出るなら、軽量過ぎても6.8kgを満たさないので、問題なしっ!!

 

 

では、フォークはどうでしょうか??

ずっしりした感じで、安定感抜群って感じの重量を感じましたっ!(笑)

しかし、綺麗☆

 

艶々じゃぁ~ん!!エロイです。

 

やっぱりペイントが綺麗でうっとりします( ^ω^ )

 

ではでは、重量は如何ほどなのだっ!?

 

なかなかの重量感だぜっ!!!!

446.3gでした。

ホビーのヒルクライムでは、ちょいと重いですが、これが走っている感覚とどうつながるのか楽しみでした。

 

ということで、フレーム1285gでフォーク446gでしたので…

フレームセットで1731gでしたぁ~(”◇”)ゞ

ちなみに、サイズは500Sです。

パチパチパチパチ!!!!!(拍手)

 

 

では、最後にシートポストでぇ~す!!!

 

前から見た図。

 

横から見た図。

エアロだね~☆

 

しかし、美しい…

 

後ろから見た図。

流線形で、空気の乱流を防ぐ形状だ!

これで、チョップされたら、腕ごとスパッと切れそうです!(笑)

 

そして、重量は…

やぐらなど込みで、205.5g。

まぁ~まずまずの重量だと思います。

フレームとフォークから考えれば、至って普通の範囲かと思いました。

 

パーツの写真と重量測定はお終い。

 

ちょっと感じを変えて、ディープリムを履かせてみました。

雰囲気は変わりますが、やっぱりカーボンじゃないと、ビシっ!!と締まらない感じですね。

誰か氏~!!!ボラウルの50か35のカーボンクリンチャー譲って~!!!!(買います!)

もしくは、レーゼロカーボン譲って~!!!(買います!)

 

買います!アピール終了っ☆

 

正面上から見た図。なかなかのエアロです。

 

 

では、乗り味はどうでしょうか?

ここからは、何の客観性もなく、私個人の主観の塊なので、乗り手によって全然感じ方が違うと思います。

ちなみに、ホイール・タイヤなど足回りは、すべて同じものを使って乗り比べています☆

 

私は、コルナゴのM10を乗っていましたので、コルナゴは2台目となります。

 

以前に他社のエアロロードを乗らせて頂いた時の印象は…

・縦に強い衝撃を受ける

・ダンシングすると、どこか頼りない。反応が遅い!?

の二つの印象だけでした。

 

では、コンセプトはどうか??

あれっ!?M10と比べて、驚くほどの違いがない…という感想でした。

 

多少ですが、縦の衝撃が強いように感じますが、以前のエアロロードで感じた感触ではなかった。

そして、ダンシングですが「シャキシャキ走るやんっ!!!」って感じです。

フロントの剛性が高くて、前にガッツリ荷重してダンシングしても、まったくよれないです。

 

M10が踏み込んだ時に、若干BB辺りが「たわむ」というか「ため」というか、左右にウイップ(小さい振れ)する感覚があるのですが、コンセプトはそれが少ない感じ。

固いのかな?

 

スコットアディクトSLは、まったくウイップしなくて、乾いたパリっとシャキッとした感じで、乗り込むと疲れます。

だから、ロングにアディクトで行こうとは思わない。

でも、上りの際にシャキシャキする感じが、進んでいるような感覚でアディクトは好きなんです。

 

そういう意味で、M10はスコットアディクトに比べ、疲れにくく走り良いバイクでした。

 

コンセプトは、BB辺りの感触で言えば、どちらかというとM10寄りですが、M10ほどウイップはしないです。

感覚ですが、アディクトとM10の合いの子って感じでした。

スコットより「ため」があるような感じで、反発というか遅れというか、力を加えてからフレームがエネルギーを貯めてから、推進力に変えているようなイメージです。

 

何を書いているのか、さっぱり分からんな…”(-“”-)”

 

縦への衝撃(振動の大きさ):M10<アディクト<コンセプト

平地の推進力:わからん。コンセプトは良く進むバイクだと感じています。(気のせいかも)

上りのシャキシャキ感:M10<コンセプト<アディクト

平地のシャキシャキ感:M10≒コンセプト<アディクト

スピードに乗ってからの維持する感じ:アディクト<M10<コンセプト

下りなどコーナーの安定感:アディクト<M10<コンセプト

BB辺りのウイップ(振れの大きさ、ための多さ):アディクト<コンセプト<M10

疲れにくさ:アディクト<コンセプト<M10

 

こんな感じでしょうか?

どれもトップグレードで、どれも良いバイクです。

M10とコンセプトは、私が知っているコルナゴというブランド(2台)で言うと、乗り味がとても似ています。

スコットとは、明らかに乗り味が違います。

 

M10は、力の加え方が変でも進んでくれる感じですが、コンセプトは、しっかりと入力しないとダメな気がします。

しっかり踏めば、しっかり進む感じが、気持ちよいバイクです。

グイングイン加速する感じです。

シャキシャキ感は少ない感じです。

 

感覚でブログ書くと疲れるな…(笑)

まぁ~ド素人のインプレなんて、そんなものでしょう。

雑誌のインプレは、良いこと書くわけだし、私の本音が何かの参考になれば嬉しいかなっ!(ならんと思うけど…)

 

とにかく、所有している3台とも素敵な良いバイクです。

以前のメルクスとも、やはり乗り味が違う。

同じ素材でも、繊維の方向やジオメトリーで感覚が変わってくるのだから面白いですね。

 

脚質によっても感じ方が違うだろうし、結局乗ってみないと分からないと思います。

自分に合うかどうか?ではないでしょうか。

 

M10がとても大好きだったので、きっとコンセプトも満足させてもらえると思って購入しましたが、購入して良かったです☆

良く走るし、何よりカッコイイ!!

バカみたいに固くないし、「ため」があるところが好きです。

ためは、コルナゴの売りなのかな??(他のコルナゴユーザーも同じようなことを言っていたので、そう思いました。)

ラグのフレームに乗ってみたいっ( ^ω^ )

 

 

いろいろ書きましたが、全体を通して自分の感じたことをまとめると…

・かっこいい!!

・重い!!

・コーナリングの安定感が凄い。

・振動吸収性が想像より良い。(疲れにくい)

・カチカチではなく、ためがあって、踏むとグイっ!グイっ!!と加速する感じがする。(疲れにくい)

・ヒルクライムでもオールオッケー!!

・スピードに乗ると安定する感じがする。

こんな感じでしょうか☆(笑)

 

 

さてさて…最後に注意点!!

エアロを追求し過ぎているのか?塗装を綺麗に塗るあまりに分厚くなるのか?わかりませんが…

フォークとフレームが干渉してしまい、まさかの傷が…

 

普通にハンドルを切っても干渉しないのだが、最後の方までハンドルを切ると、フォークとフレームが当たるのです。

自分では気づいていなかったのですが、友人が教えてくれました。

ちなみに、他社のエアロモデル(私が聞いたのは、サー〇〇)でも、この部分を擦ったようだ。

 

フォークの前が当たって、塗装が剥げてしまった…

 

取り外して見ても、ちょっと擦れているのだ。

 

フォークの後左も擦り傷が…

 

外して見ても、擦過傷!!!

 

フレーム側を見てみると、当たり前ですが当たってます。

ということで、フォークにスペーサー(スリープ)をかますことになりました。

これで干渉は避けることができました(^^)/

 

色々な人に聞くと、どのフレームでも個体差があり、このような事象もたまにあるようです☆

取り付けた際には、しっかりと確認する方が良いってことだね~(^^)/

学びましたぞよっ!!

 

走行性能には全く問題ないし、ほとんど見えないので、オールオッケー☆

スリープってアイテムがあることを知れて良かった☆

 

COLNAGO CONCEPT を購入される皆さんっ!!!

ハンドルを思いっきり切ったらフォークとフレームが干渉する可能性がありますので、取り付けた際には最後までハンドルを切って確認して下さいねっ☆(おそらく、私のバイクだけですけど…)

失敗している人がいるのだから、同じ失敗をしないようにして下さい(^^♪

 

以上長文でしたが、コルナゴ コンセプトについて記載致しました☆

この愛車とがんばるぞ!!!!

 

最後に…

コルナゴはいいぞぉ~!!(笑)

 

 

Changingman 兼松大和

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA