JBCF 赤城山ヒルクライム2019 レースレポ

もうね~簡単に書いちゃうよ!(現時点では、そう思っている。)
いつも1万文字以上になるから、書く方も読むほうも疲れるからね☆

2019.9.29(日)に群馬県前橋市スタートで、赤城山ヒルクライムがあるので行って来ました☆
私は、一般の部のヒルクライムではなく、J Pro tourのヒルクライムに出場しました。

28日土曜の朝8時に中川キャップの家に集合。
参加者は、キャップ・ナカジ・モトハルと私の4名。
キャップをピックアップして、その後私を拾ってもらって、いざ群馬へ。
群馬は遠いのよね~。

土曜日にクリテリウムのレースがあるのだが、キャップは広島の落車の影響もあるし、私はクリテに出てもクソ雑魚なので、ヒルクライム一本に絞ることに。

私は、赤城山ヒルクライムで高ポイントをゲットして、JPT個人年間ランキング100位以内を目指すのが目的☆
キャップは、私・ナカジ・モトハルの応援的旅行気分で参加☆www

https://twitter.com/Changingman_TGR/status/1177655715298570240?s=20

レース前に全然寝れないのは、いつものこと!?
富士ヒルは、ナカジとキタガワの爆音イビキと歯ぎしりで寝れなかったし…
大分も…
スズカも仕事が多忙で寝れなかったし…
レース前は寝れないことが多いかな!?(; ・`д・´)


ということで、結局早朝より活動☆

自転車も久しぶりにヒルクライム仕様!!!

体重も、60kg~61kgぐらいまで無理なく落とせているので、良い感じ。
メチャクチャ切れキレ!!!って感じでもないが、そこそこ戦える感じには仕上がった☆
広島でも、そこそこ走れたので、自分で自分に期待するスタイルで、テンションを上げて行く(^^♪

土曜日は、移動だけなので、のんびり旅行気分。
SAでは、野菜を買ったり、ソフトを食べたり、リラックス☆

そして、いつもの蕎麦屋へ。

ここのかき揚げが上手いのだ!
次回は、天丼にすることに決めました!(いつ行くんだろ!?www)

ツイートしておけば…
ブログを省略できる部分がたくさんあるので、便利だと気づいたのだ。
ということで、ツイート回数が増えたおじさんは、私です!(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

そして、クリテリウム開催場所に到着!!!
交通規制が解除された瞬間に、一番乗りで車を走らせるのは爽快だった☆

クリテを終え、ダウンしている選手や片付けている選手がごった返しているチームテントへ向かい、ご挨拶☆
ゼッケンを受け取り、チームメイトと雑談して過ごす。

そして、チョケル!www


AIRFITのTシャツをスズカでGETしたので、着用☆

クッソ目立つ車があって、インザスカイ佐野さんとファンが戯れている間に、パシャリ(#^^#)

その後、ホテルの場所を確認して、用事を済ませ、地元民からオススメ頂いたお店へGO!!!
人気店で、いっぱいだったが、たまたま待たずに入れたのでラッキーだった☆
さすがついてるぜっ!www

いつもならドカ食いするのだが、普通に食べるだけで我慢。
美味しい食事を頂き、朝5時30分にホテルを出ることを決めて、解散☆

すると…


123(いい兄さん♡)だった(*´▽`*)

久しぶりに湯船につかって、ゆっくり過ごして、寝る前のマッサージ☆

しかし…

忘れたっ(+o+)


ということで、リカバリーオイルでのマッサージはなしでした~。。。

昨日寝れなかったので、ぐっすり眠れて、かなり爽快☆
おっ!?レース前なのにエエ感じやん!
出発まで時間があるので、朝食を食べ、風呂に入って身体を温める。
そして、アップオイルを入念に擦り込んで、マッサージ。

そして、Ignameテントへ向かう☆

会場近くで、インザスカイ佐野さんの登場!!!


年下に見えない貫禄やわ(; ・`д・´)www

下山用荷物を預けて、三本ローラーで15分ほどアップして、トイレの列に並ぶ…
何とかレース開始10分前にトイレに入ることが出来て、無事にスタート地点へ☆
15分ぐらい並んでいたぞ!
スタートに間に合うのか?との焦りと、漏れるのでは!?との焦りと、ダブルで焦りました。。。。。

7時ジャストにレーススタート☆

私の密かな目標は、シングルリザルト!!!
高ポイントをゲットできるからね!

レースは、ルビーレッドジャージ争いがメインとなるので、マトリックスとブリッツェンがレースを支配することが予想された。
「オールイスVS岡アツシ」

マンセボ親分とホセの兄貴が圧倒的に強いので、序盤はアシストがレースを引っ張り、勾配が上がった箇所でアタックが始まることが予想された。
親分と兄貴が、どのようにオールイスを導くのか?
ブリは、どのように岡を導くのか?
そこの思惑がレース展開となる。

私の作戦というかレース運びは、序盤は緩斜面でドラフティングが効くので、如何に省エネで走るかがポイントとなるし、アタックがあった後にどれだけついて行けるのか?が重要だと思っていた!(誰でも一緒の作戦!www)

私は、4月の群馬遠征の際に、赤城山を試走している。
ゴールデンウイークに入った時期なのに、ハイパー寒くて、吹雪いていて、凍え死ぬかと思うほどの状況だった。

ということで、そのトラウマがあるし、富士ヒルでも寒くて死んだし、事前の天気予報は雨だったし、きっとスーパー寒いと思って長袖を着ていたのだが…
めっちゃ快晴やし、めっちゃ暑い!!!www
完全にミスった感があったが、致し方なし!www
汗ビチョビチョでした!www

パレード走行で計測地点まで移動するけど、そこそこ速い。
そして、計測地点を過ぎるとグイ!っと負荷が上がって、400Wとか360Wとか高めの負荷で走る。

一番恐れていた、マトリックスが鬼引きして「最初からリストラ作戦かっ!?」と不安な気持ちがいっぱいだったが、すぐに落ち着いてくれて安堵したのを覚えている。
前では、東京ヴェントスが引いている!
おっ!?なんでや!?何の目的!?と思ったが、ペースがマイルドなので有難い。
(逆に、後で爆上がりするのかも!?という不安もあった…)

そして、10km地点まで集団は一つのまま、サイクリングペースで進む。

10kmぐらいで橋を渡るのだが、渡る手前からペースが上がり出す!
橋を渡ると一気にペースアップ!

マトの向川さん・インザスカイ・アイランがハイペースで引いて、満を持して、マンセボ親分とホセの兄貴とオーちゃんが発射!!!

「はい!むりー!!!」って感じでした。
真後ろでドラフティング利かせても、オールアウトしそうな負荷だろうと思われた。

ここで一気に集団は崩壊!

前にマト3名とブリジストン2名。
少し距離が開いて、ブリのメンバーとシングルリザルトになった人達の集団となる。

しばらく、きつい負荷で走る。
岡選手が同じ集団にいて、驚いた。
調子が悪そうだった。
ジワジワ下がったりもしていたし…
増田さんや譲さんが居た!
あぁ~岡選手を守っているんだなぁ~と思った。

すると、岡兄(Ignameのカワウソの方!)が、単独でブリッジしようとしたりして、気合い入ってんなぁ~!!!と思った☆

私は、この負荷なら耐えれそうな感じで、このまま淡々と走って欲しいと勝手に期待していたが…

あまり前方を見ず、前の選手前後に視野を送って集中して、ひたすら省エネで走ることに専念。
ポロポロと選手がこぼれていく。

直線コースだし、きついカーブが少ないので比較的前が見え続けるので、ざっと計算すると12名~15名ぐらいしか残っていなかった。
前に5名、私を含む10名って感じだった。
後ろを見ると、バラバラだった。

すると急にペースが上がった。
前には、一緒に練習したりしているVC福岡のマエティーが居てるので、一緒に走る。
しんどそうに見えるのだが、垂れる気配はない。

ヴィクトワール広島の鯖缶君も、身体がゴツイのに、力強いペダリングで垂れない!
やっぱりモアーパワーやなぁ~とデカイ身体を見ながら思うのでした。


もしやっ!?サバ缶パワーかっ!?www
谷じゅんせいと言います☆

話が逸れた!

何故ペースが上がったのか、分からないが、スーパー苦しい!
シングルが目標なので、オーバーペースだがついて行く。
しばらく、なんとか喰らい付いていたのだが…
無事に死亡!!!!

パックからこぼれ落ちおじさん…

しかし、まだ高ポイントをゲットできる位置を走っているので、残り15分~20分と思い、ペダルに力を込めるが、全然力が入らん!
いわゆる、オールアウト的な感じになってしまい、250W~280Wぐらいの負荷しか出せない…
全く進まない…

すると、後ろから1人…
また1人…
またまた1人…

と瀕死のおじさんを抜いて行く…
誰にもついて行けないのだ。

「顔が濡れて力が出ないよ~」って感じでした。

はい!
ズブズブ抜かれまくりボンバーイエェ~イ!!!!って感じでした。

ジャムおじさん!顔をくれっ!!!www

前に見えていたパックも見えなくなり、後は何とか20位以内でゴールを目指すだけ!
しかし、もうすでに20位を下回ったかもしれない。。。

後ろを振り返ると、遠くで追いかけている選手が見えるが、ジワジワと近づいて来る…

必死に逃げる!
力は出てないから、進んでいないけど…


photoby三井至ンルン☆

暑いから、チャック全開!www

いつもブログに華を添えてくれる!ルンルン☆

大会メディアの証のビブを、エリマキおじさん!www

こんなカメラを装備しているのだ!

必死のパッチで踏むけど、進まない…地獄の苦しみ…

photoby三井至ンルン☆

何人に抜かれたか、分からない…
こぼれ落ちていった選手達に、抜き返されるのだ…
辛い…情けない…

なけなしの脚で走る!脚というか心肺というか、全身に力が入らん!

photoby三井至ンルン☆

ゴールの近くまでやってきた!
千切れてからは、永遠に感じる長い長いヒルクライムだった。

黄色のジャージが見えるが、何とか逃げ切れそうだ!

photobyきなこ@目くらましスクリーンセイバー(スゲー名前!www)

柴田君だ!
ついてくんな!!!って思っていた。

すると、残り500mぐらいで白いジャージがスゲースピードで迫って来る!
うんっ!?
ナショナルチャンピオンジャージやん!!!

やべ~入部選手が迫って来た!

photobyきなこ@目くらましスクリーンセイバー(スゲー名前!2回目www)

必死に踏む。
最後と思い踏む!
パワーを見たけど、380W~400Wぐらいしか出ていない…
でも、残り距離はわずかなので、必死に踏んで逃げ切ろうとする!

photobyきなこ@目くらましスクリーンセイバー(スゲー名前!3回目www)

写真を見ても分かるように、全然力がペダルに入力されていない感じ…

すると、ゴール数十メートル手前で、クッソ速いスプリントで、入部選手にぶっ刺されました(-_-)/~~~ピシー!ピシー!www

20位以内じゃないと、高ポイントもらえないのに…
もう何人に抜かれたのか分からんぐらい抜かれた気がする…

これで20位以内じゃないと、マジでクソいりべーやん!
クソいりべー!好きやけど、嫌いや!www

虚無感いっぱいで、荷物受け取り場所へ移動する。
そして、お菓子や餅やらバクバク食べる!
まずは、心の回復だっ☆

ラップクリップでタイム速報が表示されると…


ギリギリ20位の60ポイントゲットしました(T_T)

ホッと肩をなでおろす。

これで、21位とかで通常ポイントだったら、マジでクソいりべーやん!www
敢えて差さなくて良いんじゃない!?とネガになっていたことでしょう!(ならんけど!)

そんなこんなで、赤城山ヒルクライムは20位でした。

ゴール地点で、一般参加者達がゴールしてきて、誇らしげにタイムを言い合っている。
どうやら、加藤君が優勝でKOMらしい。
素晴らしい!
マジで強い!

しかし…

ちょっとだけ参加者の声で引っ掛かる言葉があった。
「プロツアーレーサーより、全然タイムが速かった!ホセより速い!ホビーレーサーの方がヒルクライムは強い!」との言葉…

ホビーヒルクライムでそれなりに頑張って来たから、分かるのだが…
JPTとホビーでは、レースの種別が違う感じなんですよね~。
もうね~種目が別!
特に、緩斜面があるようなコースでは種目が別ですね。
チームの思惑や個人の思惑が錯綜するしね☆
あざみとかは、また別だろうけど…

少なくとも、マンセボとホセには、勝てないんじゃないかなぁ~赤城山のようなコースでは…

JPTで結果を出すにはロードレースやクリテなどを走るのだが、ヒルクライム特化した身体ではクソ雑魚すぎるんだな~。
ペラペラ過ぎるのだ…(これぞ特化なのだから、カッコ良いんだけどね♡)
でも、JPTで戦えないことは、身をもって経験しているのだ!
1時間のレースで、ホビーで戦っていて、私がヒルクライムの表彰台に立っていた数年は、私の体重は56kg~59kgが強かった。
練習もFTP向上だけに着目していたしね☆

今は、絞って60kgぐらい。
やっぱりパワーウェイトレシオは下がったのだ。
だから、クライマーとは言えない気がする…

60kgになると、明らかに脂肪が減ってスリムだが、以前より全体的に身体がデカイ!
先日の短時間高強度練習でも、中川キャップやトヨカツ副キャップに「強くなっている!!」と褒めて頂いたのだ。
以前は、短時間メニューを実施すると、まったくついて行けなくて千切れおじさんだったが、最近は何とか喰らい付けるようになった。
やはり弱点克服するために取り組んで来た練習は裏切らなかった!

ヒルクライムが以前のように上れなくなった代わりに、30秒・1分・2分・3分・5分のベストワットは更新している。
インターバルにも強くなった。
数を打てるようになった!

しかし、昔のように20分以上の上りをキレキレに上れない…
JPT選手は、10分ぐらいまでスゲーパワーで上りでも強く走るが、20分以上なら垂れる人が多い印象だなぁ~。

ヒルクライム特化していた能力が、分散されました。
悲しいけど、ロードレースで走れるようになりたいと思い、考え行動してきた結果なので、致し方ないし、当然なのだ(^^♪

あかん!何を記載し始めているのだ!?www

JPT選手は、ホビーレーサーの潰し方を知っているし、何回も言っているが、レース展開があり、チームの思惑がある。
JPTレースは、大船に乗り遅れたら終わりだから、絶対に集団から千切れない能力が必要だ!
ということで、10秒~3分までの能力がスーパー重要なんです!

今回のヒルクライムでも…何回もスパイク的に負荷が上がっているしね。

本来ならメッチャ強いブリの増田さんなんて、日本が誇るトップクライマーだけど、岡選手のアシストとして走って、勝負には絡んでいないし…
マンセボ親分とホセの兄貴がTTしたら、パワー的には50分で走れるだろうし。。。

さてさて、話が良く分からん方向に逸れましたが…
ちょっとパワーデータを出してみましょう☆

これが私のデータです。
AV280Wで、NP296Wです。
スムージングして見易くしています。

10㎞以降、300Wを越えており、高い負荷で上げ下げが頻発しています。
実際には380Wとか400Wを単発的に何度か打ち出す感じでした。

10㎞地点まではAV248Wでした。(サイクリング!www)

しかし、10km以降は急激に負荷が上がりました。
色掛けしている14km付近から16km付近は、7分30秒でAV339WでNP348Wです。
この後に、私は死んでいます!www

これはマンセボ親分のデータです。

ペースが上がった10km地点から、ゴールまでAV370Wで走っており、その中に400Wを越える負荷を2分とか3分とか盛り込んでいる。
ちなみに、親分の体重は64kg切るぐらいだそうです…
アタック以外はペースで踏んでいるとかいないとか…
笑うしかない!www
さすがツール総合4位、ブエルタ総合3位の実力者!

そこに喰らい付いた、ブリジストンの2名はマジで凄い!

親分がアタックして、タイム差が開いて行く。
私とのタイム差比較図!

親分が13km地点でペースを上げ、私は16kmチョイ地点でパックからこぼれ落ちた…
クソ雑魚だわ…

それ以降は、全く踏めなかったので、タイム差が広がり続けている。

まぁ~こんなもんでしょう!
もう少し400Wオーバーからの350W維持とか、300W維持からの400Wオーバー数分とか、そんな領域を耐えられなければ、JPTのヒルクライムでも生き残れない。

広島の経産旗の後に、疲労困憊で脚がバキバキでも、金剛山27分ぐらいを300Wで余裕を持って走れていても、そんなゾーンで走らせてくれない。
勝負どころが明確なんですね~。
結局ハイパワーが必要なので、筋トレしてボリューム上げて、トルク掛ける練習して、モアーパワーしないとダメなのは一目瞭然!!!

今年も早いもので、残りのレースは3つ!

JBCF山口カルストロード(JPT)
台湾KOMヒルクライム
ツールド沖縄210km

残り1ヶ月も、しっかり楽しみたいと思います☆

「結局、長文じゃね~かよ!!!」という突っ込みは、受け付けません!!!www

無事に!?何とか最低限のポイントをゲットしました☆
ポイントゲット前の順位はこちらっ!

おぉぉ〜!!!
123位やんけ!
良い兄さんっ(((o(♡´▽`♡)o)))

そして、今の順位がこちらっ!

はい!106位になりました!
何とか最終戦の山口カルストロードでポイントGETして、100位以内を目指します☆

では、バイチャ!!!

そうそう!
帰りは、当然ドカ食いしましたよ!

まずは、回復!
まだ開発中の「あたり前田のクラッカー」の「WAY TO GO」の試作品を食べさせてもらえたのだ☆

タンパク質含有量がアップしており、鉄分や葉酸も入っており、色々と試行錯誤されているようだ!(^^)!
Igname信濃山形は、前田製菓よりサポートを受けています!
ありがとうございます。

私も個人的にサポートして欲しいなぁ~(ボソッ)www

https://twitter.com/Changingman_TGR/status/1178269484349411329?s=20

帰りの車は、終始食べていましたので、優勝できました☆

ということで、赤城山ヒルクライム遠征は、実質優勝でしたっ(≧◇≦)www

今度こそ、本当にバイチャ!!!!
まだまだおじさんは、頑張りますヽ(^o^)丿

changingman 兼松大和

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA