第34回JBCF舞洲クリテリウム ~サポート~

2021.4.4(日)
第34回JBCF舞洲クリテリウムに行って来ました。

そう!「参加して来ました!」と言わないのは、レースに出なかったからです。

3月は、最低最悪な日々でしたね。
食中毒でスーパー弱ってしまい…
体調不良にも関わらず無理して練習してレースに出たら熱が下がらず…

喉チンコが倍ぐらいに伸びて血腫が出来て、喉と鼻の奧の痛みが取れず…

そして、やっと決意する。しっかりと休むことを…。
https://twitter.com/Changingman_TGR/status/1373413364454498304?s=20

そして、心が葛藤する。

結局5日間完全にオフを取ることにして、やっと復活した。
https://twitter.com/Changingman_TGR/status/1374919871654293505?s=20

たった5日間だが、かなりパフォーマンスが落ちた感覚だった。。。

そして、練習をしっかりと再開しました☆


https://twitter.com/Changingman_TGR/status/1376371225648263173?s=20
トヨカツが居たので、一緒に練習してもらった。

少し頑張るだけで、疲労Max!
https://twitter.com/Changingman_TGR/status/1377035883405189120?s=20

継続してトレーニングを積むしかないので、腐らずコツコツと積むことにした。
そして、舞洲クリテを迎えるのだが、調子に乗って腹筋ローラーしたら、しばらく振り過ぎてイメージ通りに身体を戻せず、腰がピキッ!!!となった!(笑)
腰も腐ってしまったし、コンディションも良いわけじゃないし、雨なら迷わずDNSにしてサポートに尽力すると決意してレース会場に向かいました。
https://twitter.com/Changingman_TGR/status/1378513116372201474?s=20

9時過ぎに到着して、ホビーレースを見学応援する☆
展開や勝負所、風の向きなど色々と考察する。
その後、会場をウロウロして、関係者にご挨拶して、ワイワイ会話して、写真撮ってもらったりして時を過ごした。
レース会場って知り合いがたくさん居て楽しいよね~(≧▽≦)

その後、試走タイム。
出走する気は、ほぼ無いけど…(着替えすらしていない!www)

photobyりっつさん

一応自分で走ってコース確認して、観戦して感じた印象と実際に走ってみて感じた印象をすり合わせを行う。

Infinity Styleのメンバーが揃ったので、ミーティングを開始。

昨年E1で活躍していたハコブネが居てるのは、非常に大きい。
E1ならではの展開予想などは参考になる。
やはりJPTとは違うなと思わされることが多い。

マネージャーミーティングにも参加して、注意点も伝えた☆
マトの監督であり、JBCFの理事長である安原監督は、ホンマにおもろい!

でも、関東ではあんまりウケないらしい。
やはりコテコテの関西の感じがあかんのかな!?www
夜にツイートした動画を貼り付けておきます。

そして、レース前になると大雨…

あかんレベルの雨です。。。
チームメイトのガッシーは、雨傘忘れて車内にあった奥様の日傘をさすという…www

はい!確実に出走しないこと決定!www
出走したい気持ちを消すために、自転車を車に入れました。


午前中は曇りだったのに…


レース出場する全選手に、オイルマッサージして皮膚温を上げて、Ignameレインジェルでコーティングする。
塗ってもらったら全然寒さが違う!って塗った直後に全員が言っていたので、やっぱり効果大です☆
マジで塗ったら分かるから!
左右で塗る方と塗らない方で比較したら、めっちゃ分かるからやってみてね!!

ここからは、写真でご紹介。
自分のレースレポじゃないから、そんなに多くも語れないんよね~(/・ω・)/

もう視界不良のジャジャ振りですわ。。。

E1-1 ナカジとタカユキが出走
タカユキはクリテ職人と言っても良いので、めっちゃ強い。
前で展開して、全ての逃げをチェックする。
そして、スプリント賞を取りに行く。
実際に獲得しており、さすがという言葉に尽きる。

ナカジは、タカユキが積極的に動くので集団内で温存。
最後の勝負所でタカユキを引っ張るか?自分が引っ張ってもらうか?展開次第という感じ。

エエ感じに位置取りする2人。
タカユキは常に前から10番以内で、何回もアタックしたり、スプリント賞を取りに行ったり、このレースで一番動いてたんじゃないかな!?

見ていて本当に楽しかった。
チームメイトだけの盛り上がりだから、動画などは控えておく。

帰って来た2人。

ゼンコーのダイキは最終周回前で、集団活性化のために先頭を引いてお役御免していた。
左後ろのまさやんは、知らん!!!

ナカジは、6位入賞☆
安原監督に頭をポンポンと叩かれて、良く頑張った!って言ってもらっていた!www
小学生かよっ!

タカユキは、集団の頭を取って、3位入賞!!
スプリント賞も獲って、さすが!

表彰台☆
ゼンコーさん、松ケンさんがしっかりと入っている。
Infinity Styleは2名も表彰対象なので、GOOD!!!

この表彰後に、タカユキがスプリント賞を何も言わずに無言で私に渡して来た。
「いやいや!それはあかん!お前の頑張りやろ!」って言うと、「いつもいろんなことしてくれてるから…」と言うタカユキ。
カッコ良過ぎるぞ!!!
でも、もちろん受け取りませんでした。
その気持ちだけで、おじさんは幸せになれるんだぜ!!!
ありがとう。

E1-2 ハコブネと私が出走予定でした。
私は早々にDNSにすると宣言していたので、1人でレースに出る何ていつ振りだ!?と言っていたハコブネ。
そして、極端に寒さに弱いハコブネ。

レーススタートして、2周目に集団から遅れている…
えっ!?どうしたの!?トラブル!?と思ったら、3周目に降りた。

「こんなのダメ!川やん!」と言っていた。
間違いない。
無理して走るレースじゃない。
不安な状態で走ると、不安な要素を引き寄せてしまうので、サクッと諦めて正解です☆

応援に来てくれている鎖骨折れポンが、カレーを撮る場面を撮る私。

あたり前田のクラッカーのWAY TO GOで回復を図る2名っ☆

 

続いて、E2-2出走のキタガワ。
能力は高いけど、技術や走り方はまだまだって感じです。

レース途中に集団後方に取り残されている感じがして、前には逃げが…
指示を出したら、体力があるからサクッと対処して、自分が逃げをかましちゃう!
ベローチェの選手と2名逃げになる。
引き過ぎやねん!!!ってチームメイトが全員思っているけど、そのまま行っちゃう雰囲気。

そして、途中で単独落車!!!

ニュートラリゼーションを利用して、復帰して、最後まで2名パックで集団をラップしちゃう!www

でも、一度こけて恐怖心が芽生えているから、コーナーでこんだけ差がつく…
これは勝てないだろうなぁ~って思っていたけど、やっぱりそうなった。
でも、力を見せつけて2位で、E1へ昇格したのOK!!!

嬉しそうなキタガワ!
E3.E2とストレートで昇格を果たして、次回から一緒にE1を走るので楽しみ!
メチャクチャ強いからね。

続いて、E3-2のガッシー!!!
緊張しまくりで、何だか不安。
招集されたらいきなり上着を脱ぐし、まだ時間があるのにアナウンスを聞いて服を脱ごうとしてチャックが噛むし…www
落ち着け!!!

序盤は集団最後方でギリギリ対応している感じであったので、指示を出す。
徐々にポジションを上げて行き、いきなり切れてしまう心配は免れた。
レースペースも速く、早々に集団は小さくなっていく。

少し落ち着いた感じで、良いポジションで走っていると落車…
数名と絡んでしまっていた。
巻き込んでしまった選手の方々、すみませんでした。
双方同じことが生じるとはいえ、巻き込んでしまったのは事実ですので、しっかりと対策を練って行きます。

キタガワ、ガッシー共に落車とは、チームとしては少し情けない事案である。
その他の選手も結構落車していたが、落車している選手の特徴は「身体が起きている」ってことですね。
そして、コーナーのインをついている人がこけていた。

逆バンクだし、上体を起こして、インをつくと前輪のグリップを失っている感じだった。

チームとして、荷重やグリップを考慮したコーナリングについて練習会をして行こうと話し合いました。

E1終了後に、運営サイドとしてはレースを中止にしたいような感じだった。
マネージャーミーティングを行い、参加者の意見を聞くという対応を取っていた。

参加者からは、「どうすんの!?」って感じの雰囲気と、「やりたい!」って感じの雰囲気が入り混じっている印象だった。

そこで、何故か?辻さんがマイクを持ち(渡されたような感じでもある!?)「空気圧を6気圧以下にして下さい」ってお願いをした。

コースの路面は荒く、グリップが効きにくいコースではないです。
多少砂が浮いていますが、そこまでではないです。
ただ、空気圧が高いと滑ります。
6気圧という圧で走ったことがない人からしたら怖いかもしれませんが、下げてもらえれば滑りません。
レースを継続するために、協力して下さい!

って感じで話されました。

個人的には、「空気圧を下げれば滑りません!」と言い切ってしまった以外は、至極全うな説明と思いました。
そして、過去にトップアスリートとして結果を出して来たエーススプリンターの辻さんだからこそ、説得力もあったと思います。
いきなりマイクを渡されて、アドリブでしゃべったので、多少の言い間違いやミスコミュニケーションが発生するのは致し方ないと思います。

もし、おじさんがしゃべっても総スカン喰らって、罵詈雑言で炎上してたでしょうからね。
あそこは、辻さんだからこその説得力だと思います。
そして、腑に落ちない人が居ても、何も言えないぐらい凄い実績をお持ちの方だと思います。

しかし、やはりネガな意見を言う人も多数おられた。
実際、言い切ってしまったことは気になったし、タイヤのサイズやメーカーやホイールとの相性・体重など様々な要素が絡みますからね☆
先日Twitterで話題になっていた、空気圧の話の延長ですよね。www

目に入って来たTwitterのやり取り。

個人的に仲良くさせてもらっている大好きな仲間なんだけど、ちょっとエキサイトしているように感じるけど、最後は仲良く終わっているよね☆
最後は大人な対応で良いよね。

時にはこういうのもありだけど、これはTwitterのタイムラインのほんの一部なんだよね~。

いろんな所で、小競り合いが勃発していて、メラメラしちゃう。
Twitterの少ない文字数で全てを語れないし、全てを察せないし、自分を否定されたように受け取って攻撃的になってしまう。

他人のTwitterの使い方にどうこう言う権利は私には無いけど、もっと穏やかで言い方をマイルドにしたら良いだけだと思うんだけどなぁ~

おじさんも、ちょいちょい攻撃されてイラつく時があるけど、私は素性をフルで明かしており、誰かも知らん人にどうこう言われても正直なんだかなぁ~って感じです。


このtweetに対して、丁寧にアドバイスくれる方、心配してくれる方が多数なので、本当に有難いです。
もちろん受診しましたし、薬も処置も行ってもらいましたので、今は完治しています☆
親切丁寧に教えて頂いた皆さんありがとうございました。

しかし、ナイフのように尖ったリプやリツイートで攻撃されることもある。
なので、盛大にネタとして投稿しました!
https://twitter.com/Changingman_TGR/status/1372426391476604928?s=20

のどちんこおじさんって!www

なぜ、今このことを脱線してブログに記載しているかというと…
他人への少しの配慮や気遣いが失われていることが、身の回りで多々あり、心配だからです。

完璧な人なんていないわけで、上げ足取りなんていくらでも出来る。
そんなことしたって意味ないし、研究発表1つとっても、この研究のここは良い、ここはダメ!ってちゃんと判断したら良いだけで、良いところは吸収したら良いし、ダメなところはダメだと認識したら良いだけです。
学会などでも、むやみに攻撃的な人が居て、とても残念ですよね。
攻撃されることを怯えている発表者にはいつも伝えています。
「貴重なご意見ありがとうございます。その点については、知識不足もあり理解していない部分が多々あります。後で、アドバイス頂ければ大変有難いです。ご意見を踏まえて、再度検討して行きたいと思います。」と言って、反論せず攻撃せず全てを受け入れて発表の場を乗り切れ!と。(笑)

攻撃的な人は、何でそんなに怒っているの?
何がしたいの?
そう言って、何を得たいの?

相手に分かってもらいたかったら、相手が受け入れてもらえるように言うのが上手いアドバイスでは?
相手に気付いてもらうように、するべきでは!?

自分の常識押し付けても、理解してくれなくて、反発する人の方が多いのにね。

というわけで、脱線しまくってますが…
私はSNSは楽しく運用したいし、他人を攻撃しても一寸の得にもならないので、基本的に攻撃されても喧嘩はしないです。
返答しても、自分が楽しめるようにするだけです。

そして、気の弱い人がそれでSNSを辞めてしまったり、傷ついてしまったりするのは見たくないですね。
仲良くしましょうよ。
別に、そのTwitterの内容で、実際に実害何てほとんどないんだからさ~

本気で攻撃されたら、本気で戦う価値があるのか?考えます。
まぁ~ほとんど戦わないでしょうけどね。
戦わずに逃げることが結果的に勝ち(価値)を得ていることが多いですからね☆

少なくとも、SNSでやり合うことはないでしょうね。
オッケー直接会って話をしましょう!って言うでしょう。

逸れすぎた…

私は平和主義です。

出走前に小雨になり、テンション上がってジャンプしているInfinity Styleの最高齢のおじさん(ぼぅさん)
可愛すぎるやろっ!w

ぼぅさんは、Mクラスに出場したのだが…
E1とかでガンガン走っているおじさん達もMクラスにもダブルで出ていて、Mのみに出走している人達は楽しめているのだろうか?
E1で戦える人は、Mには出ない方が良いのでは!?
ルール上はOKなので、私もMに出場できるのだが…
出たら文句言われそうで怖いっす!w

途中に負荷が上がった際に千切れてしまい、単独で走り続ける可愛いおじさん!

結局、ジャージャー降ってしまって、ずぶ濡れでDNSとなってしまいました。
レース後は笑顔でしたけど、後で悔しがっていましたね!
そういうのは、とっても大切ですよね。
悔しさをバネに変えて頑張りましょう☆

ということで、私はひたすら選手のマッサージと、レース中のアドバイスを行って声出し過ぎてメッチャ疲れました。
レースを走っていないのに、レースを走ったより疲労していましたね!www

でも、Infinity Styleとして、表彰対象者が3名も居て、嬉しいです。
仲間の頑張りは嬉しいものです!

次は、自分が活躍出来るようにしっかりと焦らずトレーニングを積んで行きます!

脱線しまくりブログでした~(#^.^#)

バイチャ!

Changingman 兼松大和

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA