JBCF修善寺Day1 レースまで

全日本実業団自転車競技連盟が主催する、JPTの第3戦と第4戦に行って来ました!
JPTとは、Japan PRO TOURなのか?
それとも、JBCF PRO TOURなのか?
知りませぬ…すみません。

日本の自転車レースのトップカテゴリーであるプロツアーに、今年も登録させてもらえたので、選手として走ります。
所属チームは、Igname信濃山形というチームです。
今年から私が得意とするヒルクライムがプロツアーから無くなったので、私には厳しい現実が付きつけられるのだが…
そこを克服したくて頑張るおじさんなのです。

静岡県伊豆にある日本サイクルスポーツセンターで大会がありました。

土日で開催される2Dayのレースです。

レースレポまでに、ちょこちょこ備忘録を記載します。

1時にトレイルブレイザーの代表で、柏原ぶどう坂親善大使!?のがんちゃんの家に到着するように家を出る。
0時10分に家を出て、50分頃に到着する。
睡眠時間は1時間半。

そこでがんちゃんカーに自転車4台を載せて、がんちゃん夫婦とタケモト君と私の4人でレッツラゴー!
YUさん、がんちゃん、私と運転を交代して、6時頃に到着する。
YUさんがとても頑張って運転してくれたのだ☆
ありがとうございまするルルル~♪

そして、荷物を運んで私はIgnameテントへ移動。

修善寺はかなり寒い…
ダウンを着てても、寒い…

富士山が綺麗に見えていた☆
しかし寒い…
手を出すと冷えて痛いレベルの寒さ…

監督夫妻とご挨拶して、五郎キャプテンと会話して、試走へGO!!

上るか下るしかないコース。
1周8kmで240mほど獲得標高がある。
上りも短いし(長くて2分ぐらい)、長く上ってくれないので、私は嫌いな上り。
バチン!!って強度を上げて上られると貧脚おじさんなので厳しい…
5分以上は上って欲しいのになぁ~って考えながら、ゆっくり走りました。
試走は1周のみ。

E1やE2のレースを楽しんで時間を潰していると、プロツアーメンバーが続々と集まりだす。
Ignameは16名も選手登録しており、試合に出ることが出来るのは8名のみ。
セレクションがかかるのだが、私はおじさんで先が短いので二日間とも選出してもらえたのだ。\(~o~)/

E1E2のレースを見ていて、一周目から集団がバラケているので、能力差が出やすいコースだと感じた。
実際に、この人死んでいた!w


そして、マトリックス・ブリッツェン・シマノのプロチームが先頭でグイグイ加速したら、後方は死ぬパターンだと思った。
ああぁ~想像するだけで、辛い…
寒さではなく、恐ろしくて震えていた。

そして、レースの時間が近づいて来て準備を行う。
監督にIgnameアップオイルを塗り込んでもらい、シューズを履こうとすると、両足の指が攣って悶絶…
ダイエットしていないのにレース前に攣ったのは久しぶり…
痛くて悶絶(T_T)
緊張と睡眠不足と冷えが原因と思われます。
しばらく治らなくて、辛かった。
治った後も、痛いし…
メンタル弱すぎおじさんでした。

稽古つけてもらっているトヨカツがジャージを着ると、短パンになる!(笑)

目からビームが出そうだなっ!w


寒くて鳥肌になっとるやんけっ!w
そして、足のデカさが違う!!!(トヨカツの陰部は見ないでぇ~(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾)
そりゃ~この太ももとケツからパワー出されたら、インターバル練習では勝てんわっ!!

稽古の時のツイートはこちらっ!

五郎キャプテンは、チャリダーの監督業をしており、チャリダージャージを着ていた☆
愛すべきおじさんだっ!(私の憧れの人の一人である。もう一人は高岡さん☆)

そして、レーススタート!!!

その前に、愛車は…

フレーム:コルナゴ コンセプト
コンポーネント:アルテグラDi2
クランク:デュラエースでパイオニアパワーメーター使用
フロントギア:52-36
ステム・ハンドル:3Tエルゴノヴァ(たぶん…)
サドル:サンマルコ アスピデFX
ホイール:エンヴィーの40㎜リムをのむラボ組み
スプロケット:25-11
タイヤ:ヴィットリアCORSAチューブラー
重量:7.36kg

しっかり洗車してあげてピカピカなのだっ!

そうなんです!
控えめに言っても、カッコイイと思います☆

レース編へ続く。

Changingman 兼松大和

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA