JBCF ⻄日本ロードクラシック 広島

JBCF ⻄日本ロードクラシック 広島大会

Jプロツアーの広島に行って来ました!

本来なら!?昨年優勝した美ヶ原ヒルクライムに参加すべきなのだが、どうしてもロードレースが走りたくて、ロードレースに魅了されたおじさんは、JPT広島を選択しました。
実は、美ヶ原ヒルクライムも出たかったので、広島空港から長野空港への飛行機を探したり、車での移動時間を調べたりしたのだが…

飛行機はなし!車は8時間半コース!

ということで、あまりにもハードなので、JPT広島ロード1本勝負ということでレースを絞りました。

広島ロードは、昨年まで2Dayだったのですが、今年から2日目はクリテリウムに変更されました。
私のような貧脚おじさんは、クリテリウムに出るとJPTではうんこ以下のレベルなので、他のメンバーに託して、ロードレースのみ参加する予定で遠征を計画したのだ。

しかし…美ヶ原に出れない悔しさと、広島まで行って1日のみで帰るのがモッタイナイ…という気持ちが沸き始めたので、広島から大阪に向けて帰る途中でレースがないか探しました。
すると!あるではないかっ!!!

第一回神河ヒルクライム!!!

ということで、ロードでボロボロでも帰りに旅行気分で参加したらいっかぁ~!って感じの気持ちで、締め切り日ギリギリでエントリーしました。
ちなみに、遠征仲間を探しており、私の計画にナカジがOKしてくれたので、ナカジと2人で遠征しました。
(もしJPT広島ロードでIgnameの仲間に体調不良者が出たり、DNSが増えて要員が足らないようであれば、こっそりクリテリウムに参加しようと計画していました。)

出発日ギリギリに、やんぼーが「行きだけでも良いので載せてくれ!」と依頼が来たので、やんぼーとナカジと私の3名で広島へ!

6月30日4時にやんぼーの家に、そして4時半にナカジを迎えに行く予定だったのだが…
私…寝坊…(人として時間を守れないなんて人間失格…ごめんなさい…)
3時半前に家を出ようとしていたのに、目覚めたのが3時過ぎっ( ゚Д゚)
飛び起きて、何もせずに服だけ着替えて、車に飛び乗りました!(前日に準備は整えていたのでOK!!)
そして、スーパーぶっ飛ばして走っていると、カタカタ音が鳴る…

うんっ!?

気にせず急いでいると音が大きくなって、ガチャガチャ音が鳴って高速でストップ…
新しく取り付けた自転車ラックがガタガタやんけっ!!!!( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)
しかし、締める物がない…
スパナ積み忘れた。
最後に自転車載せて増し締めするつもりだったので、ゆるゆるだったのだ…
増し締めするの忘れたおじさん…
手でクルクル締めるが固い…
JAFに電話するも1時間チョイかかるとな…
ゆっくりゆっくり走って、料金所のおじさんに工具を求める。(=_=)
奇跡的にスパナがあり、増し締め完了。
焦っていたので、時間を見ると予定より30分押している…
皆と連絡取るための携帯(スマホ)を探すも見つからず…
連絡できひんやん!!
ごちゃごちゃあったのだが、50分遅れでやんぼーとナカジをピックアップ…

本当にごめんなさい。

全て寝坊して、段取りぶっ飛んだから悪いのです。
すみません…。

しかし…このアイテム最高に楽チンでした!!

スペアタイヤに取り付けなので、車の上に上らなくて良いし、虫などとアタック合戦し合わないので自転車は綺麗なままだし、ポン置きできるし、最高です!
ゲットして良かった☆

でも、新しいアイテムはいきなり使用せずに、やはり確認作業が必要です。
危うく、チャリごと高速道路に落下させるところでした。(これは他者も巻き込むので笑えない…)

ナカジの出走が10時15分で、9時30分には受け付けを完了しないといけないので、かなり焦っていたのだが…
高速は空いていたし、途中でヤマカツ練キャップの中川アルコールおじさんのAMGが鬼引きしてくれたので、さらに時間は短縮。
時間にゆとりを持って予定を計画していたし、全く問題なく9時前に到着した。

結果オーライ!
俺ってついてる!!!www

サンボルトのブースで社長さんとIgname中畑監督にご挨拶して、E1出走のヤマカツ練仲間のジャスさんを応援して、時間を過ごす。(ジャスさんブレーキ利かなくて千切れおじさん…惨敗。)

E1の先頭集団に“雑やがなおじさん”と“翌日付き切れおじさん”ことFJT(IT付き切れおじさんとも言う)が居て、スプリント勝負していてテンションが上がった!
この時は、翌日に一緒にレースを走るとは、思ってもみなかったけど…

E1を終え、E2ではヤマカツ練仲間のナカジとシーホースが出走!

2人とも強いけど、仕掛けるタイミングや走り方がまずかったようで、惨敗。


ジャスさんも、ナカジもシーホースも「ヤマカツ練の方が全然きつかった!」と言っていたけど、結果は雑魚でした。。。

後で写真を撮った、不甲斐ないおじさんだけど、良い顔のジャスさん!

レースって難しいね。

大雨でテンションは下がっていたのだが、お天道様も機嫌を良くして来て、雨も止んで来たので、準備にとりかかる。
トイレに行って、車に戻ろうとすると、黒くて緑の巨人がドエライ姿勢でこっちを見ていて、凍りついた(; ・`д・´)
メデューサの蛇に睨まれたように固まってしまったわ!!!


超!カッコ良い男引きで、会場をいつも盛り上げる、インザスカイ佐野さんでした!w

車に戻って時間を見ると、ヤバイやん!(笑)
何故か自分の出走時間を勘違いしており、意外にギリギリだと気づいて急いで準備を行う。
レース開始間際になると雨が降り出す…
なんでやねん!!って思いながら、準備を行う。

時間が押し押しでアップの時間がない…

監督にIgnameオイルのオールシーズンとレインジェルを塗ってもらう。
そこで質問する。

「アップして最後尾スタートか?アップなし前スタートはどちらが良いですか?」と。

即答で「そりゃ~アップだよ!」と言われたので、前に並ぶのを諦め実走にてアップを20分ほど行った。
「序盤は雨だし慎重にレースが進むだろうから、大丈夫!」と思いこんでいるのは、甘い考えだったということを、この時ののん気なおじさんは知らないのだ!!!!

本当に最後尾に並び、レースはスタートする。

レースレポの前に、いつものバロメーター!!

・このレースへの意気込み:90%
美ヶ原ヒルクライムを蹴ってまで出たいと思った広島ロード!
下りやコーナーも問題なくこなせるし、上りもチョイチョイあるし、走ってて楽しいコース!
ヤマカツ練で30秒やら1分の高負荷が強くなってきているので、楽しみ☆
意気込みは高い。

・当日のやる気:40%
雨が降ったり止んだりしているし、路面はスリッピー!!
JPT前のEのレースで落車が続いているし、間違いなくリスキーなので、テンションは激下がり…

・身体のレース強度への適応:80%
距離も100kmチョイなので対応できるだろうし、インターバル練習を行ってきたので、それなりに対応できるだろうと予測。
レースでその練習の結果が出ると思っている。

・事前調整:75%
ヤマカツ練で行っている広島対策練のお陰で、あまり不安はない。
そもそも練習でオールアウト気味に追い込んだりしたので、それで対応できなかったら仕方なし!
完全に疲労は抜いていないが、変な筋の疲労やこわばりもなく元気なので、まずまずの感じ。

・疲労蓄積:10%
木曜日に来客と一緒に遊んだので、完全休息を取らなかったが、軽めに乗っただけなので問題なし!
睡眠不足が懸念材料。

・合格ライン:完走。出来れば30位以内に入り、出ないけど全日本のチケットをゲットしたい☆

レースで使用する機材は、以下の通り。
フレーム:コルナゴ コンセプト
コンポーネント:アルテグラDi2
クランク:デュラエースでパイオニアパワーメーター使用
フロントギア:52-36
ステム・ハンドル:3Tエルゴノヴァ(たぶん…)
サドル:サンマルコ アスピデFX
ホイール:エンヴィーの40㎜リムをのむラボ組み
スプロケット:28-11
タイヤ:ヴィットリアCORSAチューブラー
重量:8.4kg


photobyトヨカナ

ウエア:サンボルト メッシュセパレートワンピース Ignameカラー
ソックス:R×L Ignameカラー
シューズカバー:ベロトーゼ(結局ベチョベチョに塗れたので意味なし!でも、靴下と靴は、綺麗なままでした☆)
グローブ:OGK
ヘルメット:OGK エアロR1 グリーン(アホやから、付属のレンズを使用しなかった…後悔しかない…)
サングラス:NRC
シューズ:LAKE CX301
インソール:SOLSTAR BLACK

さて、レースレポに戻るが…
最後尾にマトリックスの土井選手や安原大貴選手、Ignameのユキが居てるので、とても安心したのも束の間だった…
スタート直後は比較的ゆっくり加速する感じだったのだが…(最後尾だから当たり前なのだが、全体がゆっくりだと思っていた大馬鹿野郎は、私です…)

この時、土井選手や大貴選手やユキは、スタートダッシュで集団の真ん中を突っ込んでいったけど、私は本当に殿を務めていた。。。。
スタートして、大きく左に曲がり、右に曲がって下り始めると、いきなり一列棒状!!
「マジっ!?」かなり踏まないと離れてしまう。

雨もガンガン降っているし、水しぶきで前は見えないし、ガスって暗いし…
コンタクトレンズなのだが、サングラスでは防ぎきれない泥跳ねと水しぶきで、目が痛い…(レース中に何度も目をこすったり、サングラスを外してコンタクトの痛みを取ったり、レースに集中できない状況でした。)
コーナー前で、左右や後方を確認すると、容赦なく目に水が飛び込んでくる!!!
何故に、付属のレンズを付けなかったのかと後悔…

とにかく、カオス…
「これやばくない!?」と、ビビりながらついて行く。

前の選手が減速すると、ブレーキをかけても止まらない…
どうしても信頼できる選手かどうか分からない人の後ろでは、車間を詰めることが怖くてできない。
だから、どうしても車間を開けてしまう…
コーナーの立ち上がりの加速が辛い…
「やべぇ~!!!これはヤバい!!」と不安な気持ちで心がネガティブ。。。

いきなり落車している…

そして、いきなり中切れ…

とにかく必死に追いかけるも、前の状況を見るほど余裕が無く、目の前の選手を追いかける。
無茶苦茶辛い…
何人もの選手がコーナーや立ち上りで遅れて行った。
一周目からリストラし過ぎじゃないかい!?前で何が起こってるんや????
途中でペースが遅くなり、集団が離れているのが見えたので、必死に追いかける。
落ちてきた選手を吸収しながら、走る。
はっきり覚えていないが、何人も抜いて、後ろにつけて、そのまま前の選手達の動きに合わせて走り、1周目を終える。

すると…

「1分30秒!!諦めるなっ!追いつく!!」って声が聞こえる。
えっ!?前に見えている集団は先頭集団じゃないの!?必死に踏んで前の集団に追いつく。
しかし、強度が高いし、一列縦長棒状だし、晴れの日の広島とは違って、コーナーを二列で走るようなリスキーなことは出来ない。

何度も言うが、ガスっていて真っ白で、水しぶきで視界不良で、雨が痛いぐらい降っていて、川のようなコースをバシャバシャしながら走るので、コーナーで膨らんでしまう選手やコーナーで減速し過ぎてしまう選手やスライディングして消えていく選手などカオスな状況…
ホームストレート脇のチームテントの状況が、この写真…

photoby トヨカナ

きっと前方で走ることが出来たら、もっと安心安全安楽なんだろうと思うが…
JPTの集団のお尻に、何とかしがみ付けるかどうか?というのが今の実力だ…
そして、今日は、後ろにも付けず…
気持ちも萎えて来て、レースは危険だし、レースを降りようかと何度も思った。

それでも、美ヶ原ヒルクライムを諦めて出場した広島なのに、アッサリ終わるわけにはいかないので、前の選手を抜けるタイミングで抜いて、中切れを埋めるためにブリッジして!を繰り返す。
後ろのグルペットから抜け出して、前のグルペットへブリッジ中の写真です!!

photoby三井至

確か、2周目にフィッツのちん〇に追いついたら「俺、今日あかん!行って!」とチームメイトに言っているのを見た。
そして、その後にやんぼーに追いついて、そのまま放置して私は前を追ったけど、やんぼーは付いて来なかった…。

そのまま2周目を終える。

「どうした?兼松おじさん!」とガヤられるが、おじさんはまだ諦めていないのだ!
誰もが兼松おじさん苦しそうだし、前からだいぶ遅れているし、もう無理だろう…と思っただろう。

しかし、おじさんは諦めずに前のグルペットに追いついては、追い抜いて、その前のグルペットへブリッジしてを繰り返し、やっと大きい安定したグルペットで走ることが出来た。

必死に追いかける図!w

photoby三井至

グルペットをブリッジして行く中で、落車している選手や力尽きて落ちていく選手、Ignameの仲間達も追いついたと思ったらドロップして行った。
そして、この大きいグルペットにIgnameのユキが居てくれたことが、とても心の安心を生んだ。
その一つ前のグルペットでは、Ignameの遠藤さんと合流したのだが、とても苦しそうで、いつもクールな遠藤さんが苦しんでいるのを初めて見たっ!(俺ってラッキー!w)

最後は、落ちてくる選手を吸収して20名ぐらい!?のグルペットとなり、タイムアウトにならないように、協力して走りました。

すぐにぶち切れおじさんの狩野選手を中心に、何とか足切りを免れ、無事に完走することが出来ました。
そういえば、ラスト2周の途中で、ブレーカーOFFになっている中川アルコールおじさんを吸収しました。
最終周は完走できることが決まったので、負荷がグイッと下がって、サイクリングというか回復走。

不思議とグルペットの雰囲気がとても良く、皆で完走できたね~(*´▽`*)って感じのアットホームな感じでした。

photobyトヨカナ

先頭で最後のホームストレートの上りを上ると、自然と皆で横に並んで、仲良く並んでゴール!!!!

先頭のメンバーは、若干ハンドルを投げるパフォーマンスをしたのだけど、微妙な感じで笑いながら完走しました!

Ignameのテントに戻る途中で、ナカジやヤンボーが笑顔で完走を祝福してくれた☆
そして、Ignameのメンバーもとても褒めてくれた!
どうやらトヨカツが20番ぐらいでゴールし、その他のメンバーは様々なアクシデントがあり、DNFだったようだ。
だから、ユキと私と遠藤さんが完走したことで、完走ポイントをGET出来たのはチームには価値のあることだった。(大分のレースにクラブチームが参加できるかどうか?がポイントで決められるようだ!)

完走したメンバーで仲良くローラーでダウン。


ドロドロのビチョビチョのクタクタのヘロヘロでした。

個人的には、最後尾スタートで、1周目でレースを終えたのだが…
それでも諦めず、前に前に上がっていき、グルペットをブリッジして最終完走グループまで生き残ったことが何よりも満足だった。
グルペットでも、そこそこ頑張るおじさんだったし、満足満足!

ただ…絶対パワーが低い私は、やはり前スタートが大切です…w
朝から時間に追われ、レース前も時間に追われ、レース中も足切りの時間に追われ、時間に翻弄された一日だった。(自業自得なんだけどね…)

パイオニアのサイコンが水没したっぽくて、何やらバグっていて、現在乾燥中ですが…

こんなデータでした。

パワーグラフはこんな感じです!
300Wでラインを引いてます。
やはり序盤がハード!!

そして、ヒストグラムはこんな感じです。

何かの参考になれば幸いです☆

117名出走、64名完走、49位、トップより13分遅れ、2時間59分41秒、NP272W、TSS210でした。
アップとダウンを入れるとTSSは260ぐらい。。。(明日のヒルクライムはあかんやつやな…と、レースを終えてクタクタになりながら思いました。)

「あまりデータを曝け出すのは、良くないよ!」と言われたのですが、まぁ〜良いでしょう☆

片付けて、明日のクリテリウムをIgnameのメンバーに託し、ナカジと兵庫県神河へ向かう!!
いつも朝早くからテント設営してサポート頂ける中畑監督には、本当に感謝です!!
ありがとうございます☆

兵庫へ向かう途中のサービスエリアで夕食を食べて、コンビニへ寄ったり、ガソリン入れたり、何だかんだでホテルに到着したのが、22時を過ぎていた。
お風呂に入れる時間が23時までだったので、猛烈に急いでお風呂に入った。


その後、ジャージを洗ったり、靴を乾かしたり、明日のヒルクライムレースの準備をしたりして、1時頃に就寝した。

もちろん、疲労困憊なので、しっかりとIgnameオイルでケアしてから床につきました\(//∇//)\


布団に入った瞬間に夢の中へ突入しました!

神河ヒルクライムへ続く!

changingman 兼松大和

2 件のコメント

  • コメントが遅くなってしまいましたm(_ _;)m ゴメンナサイッ‼
    なにせロードレース大会など殆ど知らないトーシロなものですので、どんなレースなのか?とか色々と
    知識を得ておりました(^▽^;)

    Jプロツアーって名前の通りプロが大勢出場するんですよね?そんな所に出るって凄いなぁー!と単純に思ってましたが、
    大変だったようですね。
    というか、広島で走って翌日長野でレースとかフツーしないでしょ!って思ってしまいました。
    やっぱその辺り考えがまだまだ若葉マークでしたわ(;^_^A
    (翌日神河走ってるんだから結局同じ事なんですよねw)

    広島なのに当日移動ってしんどくなかったですか?誰か運転手いたのなら楽でしょうけど。
    色々トラブルがあったようですが、時間も間に合って、自転車も無事でよかったです!

    それにしても…あんな大雨の中走るなんてビックリしました!
    確かにツールドフランスなどでも雨の中走ってはいますが…( ̄Д ̄;;
    (私は翌日の神河町ヒルクライムの天候が気になって、逸れてくれー!ずれてくれー!って思いながら大阪の端っこで準備してましたw)

    レースはなんというか…一言で言うと過酷だったようですね。
    雨の日なんてタイヤ幅があるバイクでさえコケるんですよ?!なのに接地面が1cmほどの自転車で走るなんてどれだけ神経すり減るかΣ(゚Д゚)
    バイクも車も一緒ですが、知らない人の後ろにベッタリくっつくのは怖くてできませんもの。
    それでも少しでも前に上がろうとする姿は流石です!!(///∇//)

    終了間近には日が差しているようでしたが(もっと早よ晴れろや!って思ったでしょうね)
    落車せず完走できたのは本当によかったです!(*^^)//。・:*:・°’★,。・:*:♪・°’☆オメデトォ

    順位は…プロも走ってるレースなので何とも言えないですが、悪天候もあり完走が半分ほどと大変なレースでしたから充分素晴らしいと思います!
    翌日のレースもあるから、移動やら準備やら本当に大変だったと思います。
    本当にお疲れ様でした!(・ω・)ノ▽”フリフリ

    ロードレース、ロードバイク未経験者なので、しょーもないコメントだったと思います(゜人゜)(-人-)ゴメンネ

    次のレポートも楽しみにしてま~す!

    • スーパー長文による熱い想いを受け取りました☆
      ロードレース、ヒルクライムレース、クリテリウムレース、TTレースなどなど…様々な種類のレースがあり、それぞれに楽しさがあり、奥が深いです。
      私はロードレースの魅力に惹かれています。
      もちろん、ヒルクライムにはどっぷりハマっていますが…w
      レースレポは、これからも記載していきますので、是非ご覧になって下さい。
      ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA