JBCF宇都宮クリテ・ロード その3

ぐっすり寝れてスッキリしたが、起床と同時に痛みが走った。

擦過傷の痛みは当然なのだが、手首と肩と股関節など打撲した箇所の痛みが強い…

今日のロードレースを走るかどうかは、自転車に乗ってみないと分からない感じだった。

皆で仲良く朝食を摂り、会場へ向かう。

 

会場に着いて、龍太郎に車から自転車を下してもらって、駐車場を軽く走る。

左手がかなり痛むが、何とかブレーキを握れる!

フロントをアウターに入れるのが、かなり難しい…

どうしようか悩む…

 

そうこうしていると、E1のレースがあって、観戦しているとテンションが上がる。

鶴カンという上りのゴール地点では、かなりの観客がコース脇で座っており、応援の掛け声が凄い!!

「これはやっぱり走ってみたい!」と思った。

 

そうこうしていると、龍太郎が自転車を撮影し始めた。

チャチャ入れたい気持ちが芽生え、龍太郎の自転車の横に座って、シクロワイアードポーズを取ってみた☆

「それっ!私の自転車ですよ!」と龍太郎が突っ込む!(笑)

大盛り上がりだったので、チームメイトの自転車の撮影毎に絡んで遊んでいた!

 

コルナゴはいいぞぉ~おじさん!

リラックスして、とても良い時間だった☆

 

メリダもいいねおじさん!

 

龍太郎のフェルト!

フェルトもいいぞぉ~おじさん!(チヒロッティーも私のノリに乗っかって遊んでいました!なかなか面白いやんけっ!

後ろに、ユキとケイト☆(笑)

「結局!自転車は全ていいねおじさんじゃんっ!!」って龍太郎が突っ込んでいた!

その通りっ(^^♪

 

チヒロッティーのエアシクロワイアードが、これまた面白かった!(^^)!

photo by 龍太郎

 

メンバーがアップを開始したので、私も始める。

手が腫れていて、グローブを自分でつけれないので、仲間に助けてもらう。

リアの変速が全然よろしくない!!

バタつき太郎でチェーンが落ち着かない。

エンドを何とか戻したが、適当戻しだとダメだな…

トップには入らず…ギアは11速だが、チェーンが暴れず干渉せずに使用できるのは、6速ぐらいだった。

 

パレードがあるようなので、パレードを走って、やばそうなら途中で降りたら良いと思い、レースに出ることにしたっ!

 

昨日同様、監督にオイルを塗りこんでもらい、パレードスタート!

「出るからには、全力で頑張ろう!!」と思えるぐらいテンションは上がっており、パレードを終えて、スタートで地点に並ぶ。

 

そして、レーススタート。

下り基調のスタート地点で、笛を吹いて、いきなりリアルスタート!

スタート直後にダンシングでガンガン下りを責める感じ。

横からガンガン追い抜いていく選手がおり、道路いっぱいまで選手が広がってポジション争い。

この時点で「このレースは終わった…」と正直思った。

 

ダンシングが痛くて出来ないので、基本的にはシッティングで全て対応するのだが、立ち上がりのダッシュや上りのダッシュは、ダンシングなしでは到底対応できない。

痛みに堪えてダンシングを行い、下ったあとの90度ターンの立ち上がりは何とかクリア。

相当の選手に抜かれたが、仕方なし。

鶴カンの上りでは、ガンガンダンシングで上っていく。

1周目は集団中段でクリアするも、その後の下りの加速や90度ターンの立ち上がりがキツイ…

手も痛みが増して、怪しさ万点…

2周目もなんとかクリア。

しかし、3周目の上りではダンシングできず、シッティングで対処しようとするも、集団から離される…

左手が痛くて、ハンドルを持っていない…

photo by 荒井由美子さん

 

ここで単独で遅れてしまった。

千切れ太郎…(手が痛くなくても千切れ太郎だったと思うから、同じなんやけどね!)

 

私の後方にもたくさん選手が居たが、必死に追いかけるも追いつけるわけもなく、集団から落ちてくる選手を吸収しながらグルペットを形成。

そして、後方から追いついてくる選手もおり、15名ぐらいのグルペットとなった。

photo by 三井至さん

 

その中に、Ignameの岩月パパとイノー(落車マン)がおり、積極的にローテを回す。

photo by WALKRIDE 田中啓太さん

 

足切りに合わないように鼓舞する人間、グルペットから飛び出して落ちてくる人間、ローテで先頭に出ても全然引かない人間…

意思統一が図れていないグルペットは、とっても脆弱だった。

少し前に、ヤッシー(落車マン)のグルペットが走っており、まずは追いつくことが目標だったのだが…

 

ローテも二列で回れば楽に速く走れるのに、右側にローテを下りる人間や、左側にローテを下りる人間など様々であったので、巡航速度が上がるわけもなく、8周目に足切りになりました。

オーマイゴッド!!!

 

そんなこんなで宇都宮ロードを終えました。

安定のインターバルの弱さが露呈した二日間でした。

 

レースを終えると、さらに痛みが増し増し…(=_=)

グローブが外せなかったり、チャックを締めれなかったり、左手はドラえもんにっ!!

右肩は、上げることができず…

 

なかなかの弱りっぷりでした。

でも、楽しかった☆

鶴カンの上りでは、沿道の観客の声援がとっても嬉しかったです。

名前を何度も呼んでもらい、嬉しかったです。

ありがとうございました☆

監督と奥様も、補給ポイントでしっかりサポートして頂きました!!

 

レースを終え、マッタリしているメンバー!

やっぱり龍太郎は強くてカッコイイ!遠藤さんもチヒロッティーも強ぇ~!!

右肩、右腕、両膝をエグラレ太郎の私。バナナで超回復を図っています!

 

満身創痍の私…弱すぎて悲しいです。上りしか走れない男代表だな…(今は上りも怪しいけど…)

photo by Kensaku Sakaiさん

 

こんな感じで、先頭を走れるように頑張ります☆

photo by 荒井由美子さん

 

 

レースを終えて片づけを行い、渋滞に巻き込まれ、帰宅は夜中の2時30分を回っていました。

手は、今でもヤバイ…

 

後日に、すぐに自転車を修理にっ!

残念無念の落車!頑張って落車しないスキルを身につけないとっ!

 

楽しい痛い宇都宮でした!

こんなことでは、めげないぞ~!!

絶対強くなる!!!

 

バイっ!!

 

changingman 兼松大和

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA