美山サイクルロードレース ~初日タイムトライアル~

京都美山サイクルロードレースに参加して来ました。

今回は調子に乗って、5/28(土)のタイムトライアル(TT)・チームタイムトライアル(TTT)と5/29(日)のロードレースの3戦にエントリー!
木祖村で意外にTTが速かったので、ホンマか?という想いもあり、確認することにした。

どうせ参加するなら楽しまないと損なので、チームメンバーとTTTに出ることになり益々楽しみとなった。

日帰りも十分可能なのだが、片道130km、2.5時間、高速ガソリン代6千円…
2日往復で520km、10時間、2万4千円…
時間を有効活用すること、心身の負担、エコ、どうせお金を落とすなら開催地へなどなど考えて、美山町に宿泊することにした。

しかし…ホンマに宿がないねん!そして、埋まってる!!!
結局、美山から離れて宿泊している人達が結構居たので、そういうことです。。。

でも、開催地の美山に金を落とす!という重要案件を達成するために、電話かけまくって断られまくったけど、河鹿荘が空いているということで無事に美山に宿を確保した。

ということで、サクッと初日のTTとTTTの記事を記載しまーす!

1週間前にITおじさんにお誘い頂いて美山方面に向かった際に「TTのコースに行きたい!」とわがまま言って、一往復だけコースを走った。

試走した感想は…
「ド直線で、少しだけ上っているけどパワー勝負やな…巨人ゴリラ達に蹂躙されるヤツやな…」という感じで、萎えた…w

ということで、当日試走する意味はないので、11時頃に会場に到着。
おじさんは、何故かTT出走1番バッター…なんでや?誰が考えたんや?名前順でもないし、年齢順でもないし…チーム名か!?
12時40分の出走に向けて、会場で色んな人と挨拶して雑談して過ごす。


これはワロタ!

駐車場に車を停めたら、Panasonicのけーなかが隣だった。
後で、Panasonicの村井さんも来たので、パナの怖い人達に囲まれて震えていた。。。

久しぶりに会う人達と会話していたら時間がなくなり、出走20分前にやっと着替える始末…

急いで10分だけローラーに乗って、4分前にスタート地点に到着した。

TTは誰が強いとか全く知らないし、気にしたところで結果は一緒なので、1番時計を出すことだけ考える。(1番最初だから、抜かれなければ1番時計やねん!w)


photobyyuki asato

抜かれなかったし、むしろ折り返しで後続とは差を広げている感じだったので、1番時計は無事に獲得したぞッ!(≧▽≦)!

パワーでは勝てないので、少しでもエアロにするために、サイコンは外した。

そして、木祖村とは違い、ちゃんとバルブ穴を塞いでおいた!
ガムテープで穴を塞ぐ予定だったが、村井親分が専用テープを譲ってくれたので、かっこよくエアロ化出来たので満足っ☆

レース後に見たら、空気が膨張して膨れ上がっていた!

ちなみに…
ホイールは、F:ROVAL RAPIDE CLX  R:Roval 321 Disc
タイヤは、Vittoria CORSA GRAPHEN2.0  F:28C R:23C ラテックスチューブ使用です!
親分テープあざぁ~す!!!

TTレース2回目なので、あんまり後先考えずに突っ込むことにした。
がむしゃらに走ったら、きっと学ぶことが多いだろうしね。(完全にフラグ立ててわ!w)

ということで、スタートしてから全力で加速!

photobyとよかな

TTは、如何に速度域が高いゾーンで維持するのか?が大切なので、速度が低い箇所を減らすのが重要と思う!(全く何の根拠もなく適当に思っていることを言っている!w)
速度域が低いところから、高いところへ向かうタイミングこそパワーの使い所!
ということで、フル加速!!!!
842w出ていたので、ほぼ全開!
おじさんのスプリント時のパワーだね!www
巡航に入った瞬間に「うわっ!きっつ!」となって、後悔したよ。
うん!した!後悔した!w

データで見ると、見事にパワーがダウンしている。。。

往路はそれなりに向かい風がきつく、上述したように緩斜面なので上っている。
復路は追い風で下っている。
向かい風を頑張るより、追い風で頑張った方がスピードに乗るから速いのか?どっちなんやろうか?とか考えながら走る。
Uターンでは、立ち上がりのダッシュは頑張る。
うん!キツイ…

サイコンを付けていないので、パワーも速度も分からんので、とにかく頑張るだけ!
1周目終わって、そりゃ~もう明らかに垂れており…やっちまった感が凄い…

喉がカラカラで水分が欲しくて堪らなかった。
でも、後続とは離れて行っているので、遅くはなさそうかな!?とは思っていた。

1周目を終え、2周目の途中でトヨカツが抜いて来た。
1周目と2周目の差はあれど、全然速度が違っていて萎えたね。
「大腿お化けめっ!クソゴリラ!風除けになれよっ!」とか思いながら、みるみる距離が開いたが、途中から同じ間隔になったので「トヨカツも垂れた俺と同じやなっ!w」と、ほくそ笑みならが走っていた!( ̄▽ ̄)w

後は頑張って耐えて、走り切っただけ。

photobyyuki asato

首の血管がヤバイことになってるね!w
さすが内頚の脈でございまする。

途中から身体が左右に揺れ出したし、ダメだな…
前を見たり下を見たりすると、空気抵抗を受けているようで、ヘルメットの側方~後方で風を切る音がする…
ヘルメットのテールが少し長いタイプなので、しっかりとエアロを維持する頭部の位置で走り続けないと、もろばの剣になると走って知った。
木祖村では気づかなかったわ。

肘の位置も、持つ手の位置も定まらない。
深く姿勢を取ろうとすると、膝が肘に当たるし…
手も力を入れやすい位置を握りたいけど、棒が短い…

奧が深いなぁ~!やっぱり本気で追い込まないと分からんなぁ~と思いながら、全力で走って終了!!
17分も走っているとは思えなかったが、しんどさで言うとしばらく味わったことのない苦しさだった。

ゴールした時に「兼松選手速い!ヨノツ選手が兼松選手と良い勝負!」とのアナウンスが聞こえたので、巨神兵クラスのパワーキャラと競っているようだったので、そんなに遅くないのだと知った。

大腿お化けのトヨカツとチームメイトのTT職人のキョウシローには負けるだろうけど「ヨノツに勝ってたら、もしかしたら表彰台立てるんじゃね!?」と思えてワクワクドキドキして時間を過ごした。
とはいえ、参加選手を見たらゴツイ人が多いので、パワーコースでは分が悪いな…とも思っていた。

しかし、メチャクチャ疲れた…

photoby大腿お化けのWifeとよかな

やっぱり木祖村のようなアップダウンがあってコーナーも何回もある方が、わいは好きやなっ☆

レース後、美山で買ったおにぎりとお寿司を食べて時間を過ごす。(←ここ大切!テストに出るよ!)

次のTTTの準備をして、そろそろスタート位置へ移動しようとしていたら携帯が鳴っている。
大腿お化け、キョウシロー、大腿お化けのWifeトヨカナからそれぞれ電話があり、「表彰始まるから早く来い!」とのことであった♡

何とか3位入賞していたらしい!
やったぜっ!嬉しいやんけっ!


LAKEのポディウムシューズで表彰台に上がれて満足っ☆

ということで、無事に表彰に立てました(/・ω・)/

4位キョウシローと1秒差…5位ヨノツとも僅差だった。
1位の大腿と2位の掃本さんとは、それぞれ10秒近く差を開けられていた。。。
それでも、嬉しかった。
スピーチが3位にもあったので、真面目に話しておいた!w

前の2人のようなデッカイ巨人のような選手達相手に、ガリガリのおじさんが着れたのは、エアロのお陰かな~と思いますw
美山に良く来るのですが、お金を落としてないんちゃうか?と言われたので、今回はしっかりと美山で宿泊もしますし、さっきは道の駅でお弁当も買いましたし、明日もお土産を買って帰ろうと思います。
是非!来年も開催して頂ければと思います。
ありがとうございました。

拍手が起きたぜっ!www

TTデータ貼っときます!
AP303w、NP307Wで雑魚でした。。。
垂れすぎやな…

その後、チームタイムトライアルのTTTに出走する。
Infinity Styleから、キョウシローとガッシーと私。
はこぶねがDNSとなった。

ガッシーは、ノーマルロードで参戦!
作戦はシンプル!
個人TT3位と4位の2人がローテで回して、ガッシーが辛いだろうけど耐えるのみ!
3番目の人のタイムなので、ガッシーが千切れそうなら待つ!ということだけ。

スタートして、キョウシローとローテ開始。

photobyetchant55 →©︎Aoi Lab.

初めてTTポジションでローテしたけど、正直怖かった。
後ろに下がりながら前走者の後ろに入ってドラフティングが効く位置につくと、前との距離がロードの時の感覚より近づいてしまう。
それだけアエロなんだろう!
ブレーキを全く握れないので、ドキドキしたし、怖くて車間を開いてしまっていた。
後半は慣れたけど、前半は怖かった。

普通にキョウシローとローテしても、2周目を終えてもガッシーがついて来る!


photobymarukomaruo77

何となく往路は私、復路はキョウシローという流れで、ローテの頻度は少なく走った。
これは表彰狙えるぐらいのスピードやん!って驚いていたら、3周目の緩斜面で突然ガッシーが悲鳴を上げ始めた!


photoby関東の雄ユウキおじさん

えっ!?突然かっ!?と思った!w

少しペースを落として走る。
何とかついて来ている!
遅れそうになると声を出してキョウシローに伝える。
3周目の中盤を過ぎてから、ガッシーを2番手にして間に挟むことにした。

photoby◎

メチャクチャ苦しそうで見てても辛い表情だった。

photobyガタイ良過ぎのアサトさん

4周目に入った時は、往路ではTTポジションを取らず、アップライトな姿勢で走った。
出来るだけ風を受けて2番手のガッシーが楽になるように心がけた。

photoby茂みで〇〇コしてるのか撮影してるのか分からない〇〇コの兄貴

3周目中盤まではそれなりのスピードで進んでいたので、何とか耐えたら表彰台も狙えるのでは?との希望は捨ててはいなかった。

4周目の往路の後半でキョウシローが先頭に立ち、私が最後尾へ回った。
ガッシー!ナチュラルに千切れる…

ガッシーが限界に来とる!

キョウシローが前走者を抜く時に「ウホウホウホウホウホ!!!」ってゴリラみたいに吠えながら走っているのは、初めての経験で驚いた。
「抜かしまーす!」「右通りまーす!」ではないんやな…
理由を聞くのを忘れてたわ!w
きっとガッシーも何やろ!?って思ったはず!www

追い抜き様に「ありがとうございます!」「すみませーん!」って声掛けしておいた。
きっと前走者もゴリラが来たと思って驚いたはず(; ・`д・´)w

ガッシーが少し離れそうになると、激しく鼓舞する!
そして、背中を押して加速させた!
弱ぺの場面であったヤツやね~

登れガッシー!!!

こういう時に背中押すんだよ!!w
復路では、併走して喝を入れる!「残り2分や!頑張れ!」と。
必死にスプリントみたいにダンシングするが、もう脚が無いうえに姿勢が高いのでキョウシローに追いつけない…
キョウシローに叫んでも、ヘルメットで声が届かない!
というか、普通に速過ぎ!w

photoby©︎Aoi Lab.の名前の理由を知りたい

また背中を押した!
グッと力を込めて、グイッ!!と押し出した!!!


photoby〇コ〇オ(略して◎)

「諦めんな!頑張れ!」と声も添えた。

そして、何とかゴールした。
ゴール後「流しに行こう!」って声を掛けたが…
ガッシーがバイクからペダルを外して下を向いてうなだれていた…
完全にオールアウトしていた!w

「これだけ追い込めて、一線超えることが出来たから強くなれるわ!」って笑いながら話していた。
「すみません…僕のせいで…」とガッシーは謝っていた。
でも、キョウシローも私も全くそんな風に思っていないし、楽しかったし「一緒に走ってくれてこちらこそありがとう!」と思っていたので、そのように伝えた。

ガッシーが「不甲斐ない…どうやったら強くなれるんやろう…」って嘆いていたが、充分強いのに周りがさらに強かったり、結果が伴わないとしんどいだろうなぁ~と感じた。

レース後しばらく経っても、しんどそうだった。w

表彰は厳しいだろうけど、それでも可能性はゼロではないので、ドキドキしながら待っていた。
何より、ガッシーがそれを一番望んでいるように見えた。
キョウシローは、着はないと思っているような雰囲気だったが、チームが誇る優男なので、ガッシーの走りを優しく労っていた。

表彰会場でたくさんの人と会話して時間を過ごす。

photoby夫のことを推しと呼び、その夫婦を推しているおじさん


会場でチラッとお会いして会釈する程度しか面識はないが、お声掛けさせて頂き写真を撮ってもらった☆
何か知らんけど、雰囲気が「漢!」って感じで好き♡


ジャンは鳴らしていなかったけど、プニプニして可愛らしいマリオさん!(いきなり声かけたら、誰!?ってなってたwww)


photobyえっちゃん

すると…

無邪気な子供のようにキラキラ目を輝かせたガッシーが駆け寄って来た(^^♪

「3位ですよ!3位でしたぁ~!」って(*^^)v
可愛い奴やなぁ~!!!
「マジかっ!?やったぁ~!」と、ええオッサンが3人で大いに喜んだっ☆

そして、表彰台へ!

photobyユウキが苗字だと思われていたおじさん(思っていたのは、わいw)

全てガッシーの努力のお陰様だ。

本当に良かった。

そんなこんなの初日TTでした。

後で知ったのだが…
どうもUCIのルールで、仲間の背中を押すことは違反らしい!(ロードもTTもダメ!)
これには驚いたっ!
弱ぺでも押しているし、ツールでも押してるやん!って思ったけど、調べてみたらグレーな感じで押しているけど、基本ルールとしてダメみたいです。
学びました。

まぁ~この美山は車検もないし、UCIでもないけど…
それでも背中押してるやん!ズルイ!って思われた人が居てるとお聞きしたので、申し訳なかったです。

会場を後にして、宿へ向かう。
受付をしていたら、下島兄弟とキョウシロー夫妻がやって来た!
同じ宿のようだ。

そう言えば、キョウシローは他の施設を検討していたけど、結局同じ宿にしたんだったw

部屋は別だし食事内容も別なので、別々で過ごした。
風呂でシモジマン(兄)とシーマン(弟)と一緒になったが、少し会釈する程度だった。
風呂上がりのビールは最高に美味しかった!

TTもTTTも表彰台に立てたので、大満足。
脚が完全に疲れ切っていたけど、そんなこと気にならないぐらい楽しかった。

私は、一人時間を満喫するために、懐石を注文していたので、SNSを見ながらゆっくり食事とお酒を楽しんだ。

食事後に「キナンの樹が、遊びに来るかもしれない!」って話だったので、樹が来たら集まろうとキョウシローと約束して別れた。
しばらく部屋で再度ビールを楽しむ。
すると、樹が来ないとの連絡が入った。

「せっかくなので、下島兄弟と絡むかぁ~!」と思って、特に深く話したこともないし、連絡先も知らないけど、Twitterのメッセージを送ってみた。

送った内容は、メチャクチャsimple!w
「お疲れ!どこの部屋???」

すると、すぐに返事が来た。
「お疲れ様です!2階の〇〇です!」と。
廊下に出たら、隣だった!www

声を掛けて、せっかくなので飲もうぜ!と誘った。
2人とも酒はほとんど飲まないし、寝る気満々だったけど、何となく知っている年長者の言うことは断れないようで…w

「酒買いに行こう!」って連れ出して、ロビーで「好きな物を買え!」って言っても控えめでほとんど買わなかったw
ビールとプリンだけっ!
可愛いらしい。

持ってきたお菓子と酒を持って下島兄弟の部屋に行き、飲みながら雑談。
ほぼ初見のおじさんと若人2人!w

途中から打ち解けてきて、笑いまくりだった。

弟のシーマンが、めっちゃオモロイ!
NSCに入って芸人目指してただけあるわっ!www


2時間半ぐらいおじさんは居座って、大そう迷惑行為を行ったw

本当に素直な素敵な若人で、楽しかった。

今後も繋がれるといいなぁ~と思える好青年だった。
(下島兄弟がどう思っているのかは、知らんけどwww)

楽しい初日だった。

部屋に戻ってからも…w

2日目ロードへ続く。

使用機材
<TT>
フレーム:specialized SHIV
コンポ:SRAM Red eTap
ギア:知らん!シングル
パワメ:QUARK
ペダル:TIME XPRO 15
ホイール:F:ROVAL RAPIDE CLX R:Roval 321 Disc
タイヤ:Vittoria CORSA GRAPHEN2.0 F:28C R:23C ラテックスチューブ使用
空気圧:F4.9 R5.3
サイコン:Wahoo ELEMNT BOLT(背中に入れていた)

ジャージ:SUNVOLT S-RIDE クロスワンピース
ヘルメット:MET Drone Hes TT
シューズ:LAKE CX301
シューズカバー:velo TOZE シリコンシューズカバー
インソール:Reveメルトインソール
ソックス:RxL 武田レッグウェアー
チェーンオイル:squirt DRY LUBE

Changingman 兼松大和

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA