目的はただ1つ!コースレコードをアシストすること!そして、目立つこと!!(2つやんけっ!www) ~乗鞍レースレポ~

24時間テレビの宮澤さんのドラマをナカジと2人で見てたけど、私は途中で寝たのだ☆
それが、23時頃だった。

起床は、3時45分頃。
自分のレースはどうでも良いので、そんなに早くに起きなくて良いのだが…
皆のアラームが鳴って起床する。

ぐっすり眠ることができた☆
中治より先に寝ることが、遠征の肝となる!
野生のゴリジは、いびきがスゲーからねっ!

起きて直ぐに、ゴリジがパスタをむさぼっている。
ムクリと起きて、布団を除けながらパスタの封を開け、その直後に掃除機に吸い込まれていくようにパスタが飲み込まれていく…
あまりに早いので、写真を撮り損ねた…
この遠征で一番の後悔である!www

少し布団で段取りを考えているうちに、おにぎりも食してデザートに直ぐに移行する!
その時間は、わずかに1分~2分程度…
電光石火の超特急だっ!!!
この一枚しか撮れなかったのが…悔しい…
やはりゴリジハンターとしては、初動のパスタを吸い込むシーンを撮りたいものだっ!
次は、赤城山HCかなっ!?

ゴリジは置いておいて…

乗鞍の朝は寒い!
仲間が食事を食べ始めたので、私もパスタとおにぎりとヨーグルトを食す。
すると久しぶりに参加してくれたハムニダが、寒そうにおにぎりを食べている!
肉布団を着ているのに、布団に包まって、雪だるま…www

見てるだけで笑える雰囲気を醸し出すハムニダは、天才です(^^♪

食後すぐに温泉に入って身体を温める。

そして、アップの準備。
アップといっても、いつものレースなら1人で集中して自分の求める負荷を身体に与え、調子を判断したりするのだが…
今回は、自分のアップではなく、モトハルのアップに付き添ってモトハルのために色々と行動する。(詳細は、モトハル編で!)

いつもの如くIgnameオイルでマッサージして、AIRFITを付けてGO!!!

モトハルとゴリジとアップを終え、宿に戻り、いろいろ準備して、レース集合場所へ。

何故か?私も先頭に並ばせてもらえるようで、ゼッケン番号8番でコールされて、オーディエンスの期待に応えるように手を挙げる(^^)/
そして、先頭に位置取る。

photoby田中さん


一番手前が〇〇〇〇大隊長!そして、その次がペラペラ過ぎてヤバイ梅ピョンこと「棒」or「マッチ棒」!!
photoby橋本さん

気負いも何もないので、チョー絶リラックスしてるのだっ(^_-)-☆

先頭に並んでいるメンバーから「兼松さんは”スター枠”か”エンターテイナー枠”で前に並ばせてもらっているのだ!」などと、笑いながらイジラレてました(*´▽`*)
そんなこんなでレースがスタートするのです!

自転車はこちらっ!

特に軽量化することなく、ありのままのFOCUS IZALCO MAXなんだっ!
私の機材は、全てモトハルにつぎ込んだので、ボトルゲージを外しただけです。

気合いを入れていたら、パシャリ!と写真を撮りたくなるのだが…
エンターテイナー枠で出場しているので、極限までこだわったことはしていないのだ☆
でも、洗車はするし、愛車なので大切にしているぞっ!

そして、ホイールは、モトハルが使用しているシマノデュラC24チューブラー!
タイヤは、ベロフレックスのレコード!
昔は、レコードが最高と思って使用して来たけど、ビットリアのコルサスピードを使用してからは、使用しなくなったのだ…
ということで、在庫していたタイヤも売っちまったのだ☆

やっぱりVittoriaのCORSA SPEEDは秀逸なのだ(#^.^#)

さてさて…今更やけど…
レースレポ…
要るのかなっ!?www
もう、たくさんの選手達が同じことを言っているし、ブログでも同じことが記載されているので、私のレポは要らんのちゃうかな!?と思ってしまうんやけど…

はい!要りますよね!
乗鞍後のアクセス数を考えれば、たくさんの方が一応見たいという感じなのは分かります。

では、サクッと行きまっせ~!!!

はい!
終わりです!
このTweetが全てを物語っています☆(笑)

ダメですか!?

はい。ダメですか…

分かりました。
記載致します((+_+))

 

7時にレースはスタート!
スタートして最初の直線はダッシュ気味に加速するので、前に8名ぐらい選手が居たのですが、当然ながらすぐにペースが落ちる。
最初の左カーブを過ぎた辺りで大外から前に上がって行き、私は先頭に躍り出たのだっ!

そして、集団を振り返り、スーパースターのおじさんは、これぞスーパースターだと気持ちを高めて、目立とうとするのです!!!!www

右手を高らかと挙げ!!!
スターらしくこう言い放ったのだっ!!!!

「おい!雑魚ども!!!引っ張るからついて来い!!!!」

わあぁぁおぉぉぉx~!!!!
言っちゃったよ!
本気の人達に対して、言っちゃった!!!!

「雑魚ども!ついて来い!!!」って(*´▽`*)

あははははっ!!!!
もう引き下がれないぜっ!!!!
大声で叫んでやったからね(^^)/www

たぶんニコだと思うが、なんか突っ込んでいたと思う。
しかし、スーパースターには、雑魚どもの突っ込みなど聞こえるはずもないのだっ!www

そして、負荷を上げて前を走る!

すると…

「追いかけるのか?放置するのか?」と、前を走っているメンバーが困惑している感じだったので、先頭付近に居た加藤君に「加藤君ついて来て!!!」と言ったら、スゲー困った顔をしていた!www

少しエアロ姿勢で負荷を上げて前を走ると、集団は放置したのだ!
そう!このスーパースターを放置したのだ!!!
この野郎!!!

こっ!こんなことがあってたまるかっ!!!

わなわなしてしまい、危うくイキナリ「ファイナルフラッシュ!!!」を解き放ちそうになったぜっ!!!
ついて来いよバカタレ!www

ということで、ファイナルフラッシュ!を放とうとする気持ちを抑え、一人逃げみたいになっちまったので、仕方なく、ゆっくりと走って集団が追いついて来るのを待った。

だって、一人で逃げても意味ないもん!
目立つことが出来ても、コースレコードを樹立するためにアシストできないやん”(-“”-)”

そして、集団が追いついて来たので、ちょっとペースを上げて前を走ろうとしたら「しょうもない!兼松さん!行ったりましょう!」と言って、ニコがダンシングで駆け上がって行ったので、ダンシングで追いかける!
ちょうど、勾配が一瞬きつくなる右に大きく曲がるカーブの手前だった。

「おい!そのダンシング!完全にアタックやんけ!逃げるんかっ!?」と心の中で思ったのだが…

さすがに調整していないと公言していた2人であっても、ニコと私が逃げたら強豪達は追いかけてくるので、それはそれで面白いかと思って、ダッシュで追いかける!
この時がこのレースのMAXパワーで652W出ていた。
ヒルクライムレースでは、なかなか見ない数値だべ!

5秒631Wで、10秒598Wだった。
それぐらいニコは一気に加速したので、すぐに後ろにつくために、私はガツン!とダッシュしたのだ。

大きく右にカーブして、左に曲がって勾配が緩くなる箇所で先頭を交代して、私が前を走る。
集団は縦長だが、追っかけて来ているので集団が風よけとして私の後ろに入るまで少し待ちながら走る。
ニコのダッシュは、集団をビビらせたのだ!
ナイスアシスト!ニコっ!!!

そして、集団がジョイントしたのを確認して、兼松エクスプレスの本格的な発車となった(≧▽≦)

緩やかな上りと平坦では、400Wぐらいで踏み続ける。
スピードが出る区間であればあるほど、後ろは楽なので、意識して勾配が緩い箇所はしっかり負荷をかけて走り、勾配がきつくなる箇所では集団が離れない程度の負荷まで力を押さえて走る!

すると、誰か知りませんが、私の前に出てローテを回そうとしてくれた。
というか、ローテを回すというか目立ちたいのか?www
私が集団を引いている負荷は、とても1時間続けれる負荷ではないし、そこそこ高い負荷で走っているので、それを被せてまで前に上がるってどういう感じなのか?
まだ序盤で脚がフレッシュなので、私を風よけとして走っていて、楽だから前に出たのかな???

心の中では、ここは俺の舞台やから「出しゃばんな!」って思っていたが、「まぁ~引きたいのなら別にいっかぁ~」と少し寛容なおじさんが顔を出す。
年を取ったものです…(=_=)

しかし、明らかにペースが落ちるので、結局サクッと前に出て兼松エクスプレスは走り出す!!

シュッポ!シュッポ!シュッポッポ!
僕らをのせて~♪
シュッポ!シュッポ!シュッポッポ!

もう一名ぐらい前に出たのだと思うが、結局すぐに私が前に出ることに。

そのまま緩斜面を引き続けます!
(途中で一回だけマコッティーニが先頭に出て、すぐに下がった気がしたが…このへんは記憶が曖昧です。)

スター気取りのおじさんは、「先頭は誰にも譲らんっ!!!」という気概を持ち、走り続けます。

すると、レーススタートして9分頃だろうか?
明らかに逃げを決めようと、右側からアタックしてカッ飛んで行く選手がいた!

「なんだよ~!!ボケ!!!大人しくしてろっ!!!この目立ちたがり屋がぁ~!!!」と、自分のことを顧みず、心の中でイラっとしたのを鮮明に覚えています(; ・`д・´)www
(大野君だったらしい!空気を読め!バカタレ!www)

アタックを潰すことは可能なのだが…
しかし、アタックを潰すようなダッシュの追走は、後ろの選手も無駄に脚を使うので、宜しくない。
ここは、ペースで走るのがコースレコードを樹立するのに重要で、後ろの強豪選手達に無駄に脚を使わせないことが良いと判断し、ペースで走る。

初発のアタックで差が開いた10m~20mぐらいの距離を、ジワジワと詰めて行く。
少しずつ距離は近づいているのだが、思っているよりなかなか追いつかないので、あぁ~本気で逃げようとしているのか!?と思った。

その時だった。
右側から、明らかにアタックを吸収しようというペースで駆け上がる白い亡霊を見たのだ!!( ゚Д゚)

ひょえー( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)

そう!マコッティーニだった!!www
(ニコだったかもしれない!?)

ありゃっ!?
ペースで追うとダメだったの?と思った。
もしくは、逃がしてはイケない選手なのか?と思った。

マコッティーニの加速に、集団は一列でついて行く。
すぐにニコがかぶせて追いかけた!?
もうこのへんは、曖昧過ぎます。

私は、サイコンを見て、レース開始して11分少しが経っており、予定より少し早いが「これぐらいでいいかなぁ~」と思えたので、集団後方に下がっていく。
この時点で349Wだった。

大野君は、そのまま行っちゃう可能性がある選手だと、マコッティーニかニコが認識しているということなのだろう。
だから、わざわざスピードを上げて追いかけたんだと思う。
大野君やるやん!

集団後方に下がって行く最中に、くそデブ大隊長が(ディスっているわけではなく、Twitterのアカウント名がそれなのです。私が”くそデブ”とか言っているわけではないですよ!スターがそんなこと言うわけないでしょ!www)が優しく集団の中に入れてくれたのだが、一気に気持ちが切れたので、そこに居て走る理由が見つけられなかったので、さらに後方に下がっていく。

すると、これまた優しく…
第三の脚を持つ、馬なみナベ君が「のど乾いたでしょ!」とボトルを差し出してくれた!

くそデブ大隊長といい、馬なみナベ君といい、優しすぎるので、全俺が涙した(T_T)
お二人ともありがとう♡

しかし、もう気持ちは切れたし、頑張って走る目的が本当に見つからないので、一気にサイクリングに変更する。
集団とバイバイしたのは、14分チョイだったと思う。
この時点で25名~30名前後まで集団は減っていたので、だいぶリストラしたのだと驚いた。

「後は頼んだぞ!ニコっ!」

すぐに思考はレースモードから切り替わり「モトハル先頭で来ないかなぁ~」と、やっぱりモトハルのことが気になり、モトハルのことを考えながら軽く流す。

兼松エクスプレスに乗車できなかった選手達が、徐々に私を抜いて行く。
抜かれても何とも思わないし、最高の天気なので景色を楽しみながら走ろうと思った。

三本滝を過ぎる頃に、リョウ君(マグロではなく、富士ヒルチャンプの横突起骨折おじさん)がスッと隣を抜けて行き、黄色いジャージのおじさんが声を掛けてくれた!

「やまと!ついて来い!!!」

うっひょー!!!!

憧れのゴローさんじゃないかぁ~い!!!
1000万回ぐらい言っているけど、自転車を始めた頃、ゴローさんと高岡さんに憧れて頑張って来たのだ☆

ついて行く!行く行く!!もちろん行く~!!!
ただ景色を楽しむつもりだったが、ペースを上げてついて行くことにした。

数名のグルペットだったが、明らかに横突起骨折おじさんが力強い。
さすがだね~。骨折明けでもそんだけ走れるのね~!と思った。

せっかくだから、後ろに入って、富士ヒルチャンプの走りを見学しようと思った。
一定負荷で走るかと思ったら、結構上げ下げがあって、インターバル系の走りが好きなのかな?と思った。(パワメ故障だったのね!www)
体幹が安定しており、ブレが非常に少ない感じで感心した。
絞り切れていない身体だろうけど、ウエストも締まって、後ろ姿が俺の次ぐらいにカッコ良かった☆(≧▽≦)www

冗談はさて置き、リョウ君がそこそこ良いペースで走るから、グルペットだった人達がジワジワと千切れて行った。
前からも、たくさんの選手が落ちてくる。

しばらくして、少しパワー発揮が辛そうだったので、私も前を走ることにした。
目的がないので、負荷を高めで走るのは好かないのだが、リョウ君のペースを維持することにした。

話を聞くと、リョウ君は骨折が完治していないようだ。
それなのに、強いから怖いもんだわ!

すると…
兼松エクスプレスの後に、たなか超特急として走ったであろうニコが適当に流していた。
追いついて、声を掛ける!

そこからは、談笑しながら、ニコとリョウ君と走る。
富士ヒル直近の歴代優勝者が、タラタラ走ってるなぁ~!!などと笑いながら走った。
景色は最高だし、一緒に走ってくれる仲間がいるし、過去乗鞍を走った中で、一番楽しかった(*^^)v

乗鞍を本気で狙っていたニコとレースで談笑しながら、最高の景色を堪能できたのは、本当に嬉しかった!

そうこうしていると、ゴローさんが追いついて来た。
おっ!富士ヒル歴代チャンプがさらに1人増えて、4名だ!www
しばらく、談笑しながら走る。

photoby岸奥さん(ゴローさんのブログより拝借)

俺、めっちゃ笑ってるやん!www
たくさんの選手が追い抜いて行ったような気がする。

ここに、とれたま宿谷おじさんも合流して、豪勢なメンバーだ!
キドコロ君も一緒にしゃべって走っていたので、ヒルクライムレースで優勝経験がある選手ばかりだ!
変態クライマーさんも居たような…
まぁ~全員千切れ侍だけどね~www

するとゴローさんが「俺はサイクリングしに来たんじゃねぇ~!!!」と言って、少しペースを上げたのだ。
リョウ君は、やっぱり痛みがあるのかペダルに力が込めれないような感じで、しんどそうだった。
ニコは、リョウ君と並走していたので、私はゴローさんを追っかけてみた。

「ゴローさん!目標タイムとかあるんですかっ!?何分目指しているんですか?」と尋ねると「2分!!!」と言われたので、もう少しだけペースを上げたら1分で走れそうだったので、「引きます!」と言って前を走ることに。

幸せだった。

憧れの選手と、憧れ続けた乗鞍で一緒に走り、ゴローさんの目標タイムに貢献できるかもしれないので、幸せだった。

少し負荷を上げて走る。
少しペースが上がるとゴローさんが離れるので、そこそこ限界なんだと思った。
ゴローさんの気配を感じながら、走る。


photoby綾野真さん(シクロワイアード編集長)

ゴール地点に近づくと応援者がたくさんいて「ゴローさん!」「兼松さん!!」と声を掛けてもらえて、嬉しかった☆
ありがとうございます。


photoby綾野真さん

そして、ゴローさんと一緒にゴールした☆
1時間1分33秒だった。

自転車を軽くせず、身体も64kg~65kg近くあって、適当に走ってこのタイム。
この体重と自転車でも、余裕で1時間切れるのだと思うと、機材が進歩したと思うし、自分自身が強くなったものだと思った☆

ゴール後、すぐにゴローさんがチャリダーのインタビューを受けていて、止まると同時に私の背中を叩いて「ありがとう!」と言ってくれたんだけど、メチャクチャ嬉しかった(^^♪
本当に、最高に楽しめました。

そして、ゴール地点を過ぎて、預けた荷物を受け取りに行くと、優勝したシュンスケべがインタビューを受けていた。
例年なら、ここでライバルたちと談笑するのだが、私はモトハルが気になって仕方がないので、そそくさと荷物をゲットして、ゴール地点へ向かう。

モトハルの元へ向かおうとした時に、インタビューを終えたばかりのシュンスケが私の方を見たので、優勝したのを知っていたけど、レコードを更新したのかどうかは知らなかったので「どうやった!?」と尋ねた。

すると、凄い素敵な笑顔で「レコード出しました!」って言うもんだから、嬉しくて思わず抱きしめちゃった(≧▽≦)
その時の写真を、ロードレーサーのミッチーこと「高木三千成」がシクロワイアードの記者&カメラマンとして最高の瞬間を納めてくれたっ☆

編集長の綾野さん!写真を提供頂き、ありがとうございました!!

https://twitter.com/T0BwwUOac3cWCyd/status/1167030040028073984?s=20

本来なら、反対側のシュンスケの顔が映っていたら最高なんだが…
ここが持っている人との差だわ!www
やっぱり私はスーパースター!!!!www

いや!逆に背中だから、シュンスケがカッコ良く見えるという視点もある!
チャンプの背中…
シュンスケべめっ!
このムッツリスケベ!ドスケベ!www

ミッチー!絵になる写真をありがとう♡

まじで、シュンスケおめでとう☆
ガチンコ勝負で山神マコッティーニに勝ったのだから、マジでスゲー!
そして、同年代のマコッティーニがまだまだクソ強くて、さすが神だわっ!
本当に凄い!
悔しいだろうけど、絶対的王者的な貫禄があって、やっぱりマコッティーニ(白い亡霊)は、山神だわ!

そんなこんなで、シュンスケべを祝った後に、自転車に飛び乗り、ゴール地点へ猛ダッシュ!!!
きっとモトハルは、1時間5分~10分の間でゴールするだろうから、おちおちしていられないんだ!!!

ということで、このへんは、モトハル編で記載致します。

私のレースレポは以上です。

目標通り!
・クソ目立ってやってぜっ!さすがスーパースター☆☆☆☆☆
・三本滝までのタイムが例年より1分以上速かったらしいので、コースレコード樹立の立役者として、間違いなく兼松エクスプレスの果たした役割は大きい!!
(ニコが、たなか超特急としてさらに役割を果たしたのだが、私はニコの働きを見ることが出来ていないので残念…)

上記2つの目標を達成しているので、実質優勝したも同然です!(≧▽≦)

そうです!!!
実質優勝です!!!

はい!優勝!!!!

ゴール地点で、仲間を待っている時のおやつのポテチが、パンパンだぜっ!

NRCのゴールドのサングラス!
そして、ゴールドのコンソメWパンチ!!!
かぶっているVittoriaの帽子の「V」は、victoryの「V」だぜ!!!

はいっ!ゴールドでVで優勝です!www

ここに、ニコ・シュンスケ・マコッティーニ・ゴローさん・リョウ君のブログのリンクを貼っておきます。
見る視点が違うけど、だいたい合っているのは、その時を一緒に過ごしたからだという証拠です。

ニコのブログ

シュンスケべのブログ

白い亡霊マコッティーニのブログ

黄色いおじさんのブログ

横突起のブログ

ちなみに…チョイチョイとクレームが出ているようなのですが…
そんなもん!知らん!www

https://twitter.com/Changingman_TGR/status/1167081321601961985?s=20

ニコとおじさんは、仲良しです☆

さて!時間を見つけて「乗鞍モトハル編」を記載致します。
まだ、一文字も書いてないけどね~Σ(・ω・ノ)ノ!

バイチャ!

changingman 兼松大和

2 件のコメント

    • 嫌です!www
      忙しくて、まだ一文字も記載していません(; ・`д・´)
      気が向いたら記載致しますので、お待ち下さい☆

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA