台湾KOM レース前日

台湾KOM(太魯閣ヒルクライム)に参加して来ました。
矢部さんや森本さんが海外のレースで入賞しているということで知っていた大会が台湾KOMだ。
まさか自分が参加することがあろうとは思ってもみなかったが、SUNVOLTの橋本社長さんにお声掛け頂き、台湾旅行という位置付けで参加させて頂くこととなった。

乗鞍後に、毎年のことのように燃え尽き症候群となり…
練習は適当に乗っている程度だったのだが、そこに母のことがあり、さらに自転車から遠ざかる日々…


練習不足も甚だしく、CTLは激下がり…


体重も9月末のMaxの時で69.8kgとおデブ…w
乗鞍より13kg増加で、腹回りの醜いこと…w

意を決して、睡眠時間を減らし、ダイエットを行いつつ練習量を大幅に増やし、付け焼き刃を付けて台湾KOMへ挑みました。


CTLは無理やり100を越えさせ、体重も63kgまで落としました。(まだまだデブだけど…)

とにかく、乗れるだけ乗った!

付け焼き刃でも付けておかないとダメなレースなので、少しでも楽しむために頑張りました☆
なかなか疲れました!(^^)!


そして、風邪気味っ!w
TSBって指標は、凄いわ!

CTLを80台~100台へ。
体重を69kgから63kgまで。
ちかれた…w

そして、台湾へGO!

10月25日(木)の早朝より、関西国際空港へ。


空港と本州を結ぶ橋の事故(タンカー衝突事故)があり、大渋滞もありえるかも!?との情報があったので、フライトの2時間半前に到着予定で出発した。
しかし、全く渋滞していなくて、あっさり到着。

自転車の輸送に使ったのは、SCICONのバック!

最高のアイテムだぜっ☆(これで沖縄も問題なく行ける!!)

ピーチで行きましたが、サイパンの時は2万円ぐらいかかりましたが、それに比べると遥かに安いですね☆(でも、高いね。)

出国審査を無事に済ますと、知った帽子を被ったおじさんが下を向いて寝ていたので、目覚ましドッキリ!的な感じで動画撮影した☆
スーパー優しい奥様が、ニコニコ隣で笑っておられたのが印象的だった(^^♪
山神森本マコッティーニの動画をご覧あれ!w


同じ飛行機には、台湾KOM年代別優勝しまくりブルースリーもどきの井原さんと、本当にしゃべらず優しく温和な小説ばっかり読んでる清宮さんも同じだった。

今回の遠征は、嫁と子供も一緒に行く予定だったのだが…(遠征に行っても別行動だけど…w)
子どもは、まさかの修学旅行と被ってしまい、行かず…(往復チケットが無駄に…)
という感じの、バラバラ行動の兼松家もご一緒しました。

ここ数週間睡眠が少なすぎて、疲労困憊だったので、飛行機の中は爆睡でした。
飛び立ったと思ったら、到着していました!w
台湾には、2時間半で到着!
台湾は近いね☆

飛行機を下りたら、入国審査で大行列…

先に両替しようと入国審査の列には並ばずに、両替の列に並ぶ。
森本夫妻・リー・小説は、私たちよりだいぶ先に入国審査の列に並んでいたのだが、両替を終えて、私たちは列の最後尾に並ぶ。
しばらくしたら、私たちの前で行列を分断し、我々は違う入国審査の場所に案内されて、すぐに台湾へ入国できました。

そして、自転車を受け取ろうと移動すると、すでに並んでいた!

近くに寄ってみると…



ひらがな表記で笑った後に、先に現地集合の人達と合流する。
結局20分ほど、森本夫妻・リー・小説を待ちました!
やっぱり持ってる男は違うなっ!w

今回のSUNVOLTツアー御一行様は、以下のメンバーでした。
☆サポーター3名
・SUNVOLT橋本社長
・4カ国語を話す、突っ込み得意のコリンちゃん
・森本マコッティーニの奥様

☆女性選手2名
・グルメライダーなのに台湾KOMになんか知らんけどエントリーしてしまったと話すなおっちさん
・声が高くて驚かされる牧瀬さん

☆男性選手8名
・ブルースリーもどき井原さん
・「グラファイトデザインでゴルフと自転車以外を作っている越澤です!」と自己紹介された越澤さん!www(何を作ってるね~ん!!って突っ込みどころ満載!)
・過去最高にデブっている矢部さん
・山神森本マコッティーニ
・小説大好き寡黙な清宮さん
・パパクライマー大久保さん(ほとんど参加者パパクライマーやけどね!)
・ロボット兵こと才田さん
・自称エンターテイナーの私

☆謎の女性1名
・私の嫁(別行動だから、台湾KOMとは関係ない!空港で、謎の女性は台北へ消えて行きました。www)

合計13名+1名です。(武田君だけやむを得ずDNS)

SUNVOLTさんがバスをチャーターして下さっており、自転車を積んで台湾KOMのスタート地点のホテルまで移動。
移動中にまたしてもっ!!



しかも、雑っ!w

2人とも海外輪行するなら、ローマ字やん!!!普通!!!(笑)
台湾なら、せめて漢字でしょう!Σ(・ω・ノ)ノ!

4時間半ほどバスに揺られて、16時過ぎに到着ビーン!
以前に台湾に来た際に、九分にバスで移動した際には、超絶揺れて酔って死にかけましたが、チャーターしてくれているバスの運転手は、お上手☆
まったく酔わず、無事に到着できました。

今回の遠征は、ガチで走るつもりもないし、最高の景色を堪能しようと思っていたので、台湾の料理を最高に楽しむために、ドカ食いする!


バスの中で、たくさん食べました。

そして、大会受け付け会場でたくさんの人達と出会う。

まず初めに、チャリダーや雑誌などでもお見かけする篠さん!

Twitterで知り合ってから、何かと色々絡んでいるので、記念撮影☆

そして、チャリダーの撮影を行っている猪野さん!
チャリダー撮影中の猪野さんを写真撮ってたら、ロケ中なのに振り向いて喜んでくれて、指さされたっ♡(笑)
そして、インタビューを受けた!w
嬉しい♡


中込さんともお会いしてご挨拶させて頂く。

我らがJAPANが誇るマコッティーニは、チャリダーの撮影を受けると、次は台湾KOMの撮影を受ける!

やっぱりこの人は別格だわ!!

髭がチャームポイントのプジョルもっ!

しばらく受け付け会場で過ごしてから、ホテルに向かい、自転車を組み上げる。
毎年、良いホテルをお取り頂いているようだ!
本当に有難い。

台湾KOMのエントリー、バスのチャーター、ホテルの手配、選手受付、食事などなど…

KIZUNAサイクリングチームでエントリーだよっ!!
本当にSUNVOLTさんには、感謝です☆
ありがとうございます。

軽く自転車の動作チェックを行い、近場の地元の料理店へ。
私がビールを要望したから、つられるように皆さん軽く晩酌して、美味しい料理を満腹になるまで頂きました☆


ちなみに…生まれて初めてマンボーを頂きました。
臭みなどなく、ツルンっとしてて、美味しかったです。

マンボー自体の味ではなく、味付けで決まる料理だと思いました☆

皆で満腹になり、ホテルへ戻り、センサーを取り付けて、ゼッケンを付けたりして就寝する。

そうそう!プジョルニキが同じホテルであり、同じ階だったので、絡んでやったぜ!!w

一緒の部屋に泊まったのは、サイタマンこと才田選手。
雑談しながら、就寝しました。

そうそう!
この3名だけ、ツイッターでネタ作りとしてご紹介致しました☆

サイタマン!

牧瀬翼ちゃん!

戦時中の工場を支えた昭和の男!

怒られるな…(笑)(#^.^#)

レース当日へ続く。

Changingman 兼松大和

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA