自転車で世界を変えよう​

World Bicycle Relief(WBR)のBuffalo Bicycleってご存知ですか???
開発途上国での日常生活の厳しさを考えて作られた屈強な自転車です。

・頑丈なラック:100kgまで載せられるリアラックは、農家の人々が市場へ商品を運ぶのに便利。
・強力なブレーキ:全天候型の信頼性の高いブレーキが、子どもたちの安全な通学をサポート。
・丈夫なフレーム:重いゲージで作られたオーバーサイズのスチールフレームは、確実に距離を走りきる。
・耐久性のあるホイール:パンクしにくいタイヤ、ヘビーゲージのスポークとリムで、遠くの患者へも往診できる。

日常の仕事をこなすため、未舗装路の砂利・砂・石・泥などにも負けず、長距離を移動しても壊れないために設計されているとのこと。

どうやら2005年以来、Buffalo Bicyclesは、開発途上国の子供たちの通学、医療従事者や患者の移動、農家の市場への輸送などにの移動手段として生活の質を上げることに役立っているそうだ。

そもそもWorld Bicycle Reliefって何やねん!?って感じですよね。
野菜改造人間おじさんは、調べてみたんです。

どうやら自転車を通して、世界中の開発途上国の貧困救済を支援するために組織された非営利団体のようですわ。(たぶん…)
いろんな研究を行って、自転車の普及がメッチャええねん!ってことを証明しているらしい。
教育、経済発展、医療などの質を上げることにフォーカスしてるようやね!

なんと!2020年2月の時点で、World Bicycle Reliefは21か国で50万台の自転車を配布し、開発途上国で2,300人以上の自転車整備士を養成してるとのことです!

知らんところで、自転車を通してええことしてるんやね~

研究結果の一部を見てみたら、自転車の支給で家族の収入が35%も増加したとか書いてましたわ。(みんな大好きウィキウィキウィッキーさん情報)

農村部の経済発展には、色々な投資や補助などがあるようやけど、自転車は生活に直結して3〜10倍効果的な結果が出ているとか書いてました。
まぁ~細かい比較対象とか研究内容が分からんので、確かかどうか知らんけど…

歩いて片道2時間掛かって学校まで行っている子ども達や、牛や人力で栽培した食料となる野菜や穀物を運ぶことを考えたら、自転車が大いに役立つことは想像し易いと思いました。

移動手段・運搬手段として活用する自転車!
道路整備などマクロレベルでのインフラ整備も大切だが、自転車はミクロレベルでサポートしてるってイメージのようです。

そういう観点からすれば、自転車は開発途上国の貧困を少しでも改善するための手段として有効なんやと思えました☆

私の職場でも、8割ぐらいの職員がママチャリ通勤しており、買い物や子供ちゃんの送り迎えなどに自転車は役立っているもんね。
訪問介護も訪問看護も自転車の職員さんがメインだし。

どうもスポーツ車のロードバイク思考が強いので、日常生活に根差した自転車の多大なる恩恵に目を向ける機会が少ないんやと思いました。
それぐらい自転車が当たり前に存在しているということなんやね~

Twitterで呟いた内容を貼っておきます!

World Bicycle ReliefがBuffalo Bicycleの普及活動を行っており、TREKがその募金活動を組織として応援しているってことです。

【World Bicycle Reliefに寄付をする4つの理由】
・子どもたちが教育を受ける手助けになる(子ども達の移動時間短縮)
・医療従事者の訪問件数が増える(医師や看護師など医療従事者の移動時間短縮)
・地域経済の活性化に貢献(荷物運搬量増加、移動時間短縮)
・女性の生活を支える(買い物、受診、洗濯など荷物運搬量増加、移動時間短縮)

TREKが何をしているかというと、キャンペーンとして広報し、寄付を募っていること。
そして、World Bicycle Reliefに寄付して頂いた額と同額を合計50万ドルまで寄付に上乗せして寄付するとのことです。

クラファンなどが流行っており、寄付したら何かを得ることが多い中、純粋に寄付のみを行うということに抵抗がある方も多いかもしれません。

正直、私も何かTREKから返戻品じゃないけど、何か開発途上国の生活水準の向上に関わりつつも自分自身に得るものがないか!?と考えてしまったのですが…
今回のチャリティーキャンペーンは、そういう類の物はないようです。

おそらく、私のブログを読んで頂いている方は、自転車を趣味の1つとして楽しんでおられる方が多いかと思います。
その自転車が、開発途上国の生活水準向上に役立っているということを知ってもらえるだけでも意味があるのでは!?と思って、この記事を記載しました。

そして…
TREKがWBRの活動を広める活動を行い、寄付を募り、寄付額と同等額を寄付するということを行っているということも知って頂けたらと思いました。

おっ!?おじさん!アンバサダーっぽいやん!www

もし宜しければ、寄付して下さいなっ☆

TREK 自転車で世界を変えよう

Changingman 兼松大和

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA