ヤマカツ練!

ヤマカツ練について書いてみる。
群馬では、まぁ~少しはマシな走りが出来たと思うのだが、それはこのヤマカツ練のお蔭様なのである。

宇都宮もそのままの感じで挑みたかったのだが、野菜栽培はとってもタイミングが大切なので、宇都宮以降のGWは早朝に栽培おじさんになり、日中は仕事という日々を送り、自転車にはほとんど乗れず…

今週は、フィリピンに逃亡しなければならず、自転車に乗れず…
国外に逃亡して、帰国してすぐに宇都宮に旅立つことがあまりにも難しくなり、大人しく子守りすることにして宇都宮はDNSとなりました。
子どもとの時間を楽しめたし、OKでしょう♡

さて…ヤマカツ練だが…
昨年のジャパンカップ前に、Ignameのチームメイトであるトヨカツから連絡があり「ジャパンカップに向けて上げて行きたいので、練習に付き合って下さい!」とのお誘いがあったのだ。
トヨカツは、ロードレースでは当然ながら私なんかより遥かに上のレベルの選手であり「私に何かできるのか!?」と思ったのだが、せっかくの機会なので一緒に練習することになった。

ぶどう坂麓に集合して、トヨカツとどんな練習をするのか相談したのを覚えている。
「一本目は徐々に上げて行き、最後はL5ぐらいで行きましょう!」とのことだったので、トヨカツに着いて行ったのだが「徐々に上げて行く」と言ったのに、最初からテンションが高くてSSTぐらいからスタートして、最後はL6まで上がって、二人ともゼロゼロだった。w

「二本目は、兼松さんが前で引いて下さい。何とか着いて行きますから!」と言われた。
「目的は一人では出せない強度で追い込みたい!」とのことだったので、とにかく引っ張ってみることにした。
スタート直後から350Wぐらいで入り、三叉路までで5分ぐらい。
平地は少しワットが下がってしまったが、そのまま引き続けても、ゼロゼロ苦しそうな声が聞こえるが真後ろにピタッと引っ付いて来る。
大概の人なら、ぶどう三叉路まで5分で走れば千切れるのだが、千切れないのでさすがだと思った。
上りでは簡単には負けられないので、そのままのペースで追い込んで走り、最後の急坂でダッシュされてギリギリ差された!!

こんなにデカイ身体で凄いと思った。
11分半ぐらいだったと思う。

「ツキイチじゃないと絶対無理でした!」と言われたが、ツキイチでも凄いと思った。
その後、裏ぶどうを2本ぐらい狩って練習は終了した。

「追い込み練習という意味では、一人では出来ない練習なので、ジャパンカップ前には良い練習になった。」と言われて満足だった。
(ちなみに、ジャパンカップでは、目立ちたがり屋の性が出て、先に仕掛けたものの最後はズブズブ抜かれたようだった!w)

これが記念すべき1回目の練習会だった。

その後、しばらく時間が空いたのだが「また練習しましょう!!!」ってことで、練習を再開。


いつも練習していたゴリジを誘い練習を開始したのだが、和歌山から虻飼おじさんも登場して、2回目のヤマカツ練は3月に再開されました!!

練習していることをツイートしたら参加希望者が増え、現在の固定メンバーに加え、臨時参加者なども現れて現在に至るのだ。

基本的には次に開催される実業団レースのコースの特徴を考え、勝負所に生き残るためのメニューを実施しているのだ。

昨年までマトリックスで走っており、今年からビィクトワール広島で指導者的立場で活躍されている中川アルコールおじさんが参加して頂けたことで、練習に深みが出て、さらに楽しくなっているのだ!

マトリックスの田窪選手や安原選手も参加してくれたり、アイランを連れてこようとしたり(寝坊で来れずだった)、
とにかく楽しいオモローな練習会となっている(^^♪

メニューは、基本的には中川アルコールおじさんとトヨカツに作成してもらっている。


この二人は、経験値が豊富だし、ロードレース経験も長いので、とても勉強になるし、強くなるメニューを作成してくれるのだ!

それでは、メンバーの紹介を行おう!!!

・キャプテン:中川アルコールおじさん(中川さん)

生息地は奈良らしいのだが、ほぼ毎日ぶどう坂の奥の方に出没しているとの情報を得ている。

ヤマカツ練のグループメッセージでは、いつも昼間っから酒を飲んでおり、圧倒的回復を図っている姿を目にする。
まさに、アルコール燃料おじさんだ!

このおじさんにはブレーカーが付いており、やる気スイッチがONの時の走りは「ハンパねぇ~!!!」って誰もが思うのだが、スイッチOFFになると見るも無残な黄金のタレをかましてくれるのだ!

職業は、社長らしいが、本当かどうかを確認した仲間は一人も居ない。
しかし、ヤマカツ練の夜練の時は、社長らしく「かまへん!かまへん!皆飲め!食え!」と男前っぷりを発揮して頂き、ワインを何本も空けて、高級ハムやパエリアなど、本場のスペイン料理をご馳走してくれたので、本当に社長だと思われる。(知らんけど…)

その節は、どうもご馳走様でした。

「若人達に美味しいものを食べさせてあげたい!」って感じで、おじさんらしい雰囲気を醸し出し、諭吉さんが何枚も羽ばたいて行きました!
ヤマカツ練メンバー最年長の正真正銘おじさんで、兄貴的存在!

(この決め顔!w)

2分とか3分のインターバルが強い!もちろん、持久力がバケモノなのは言うまでもない。
スイッチがONの時は、ぶどう坂も11分30秒ぐらいで上る強者です。
ルーラーってどんなのか?あんまり知らんけど、ルーラーらしい。

 

・副キャプテン:新婚ホヤホヤWakosを信じろおじさん(トヨカツ)

生息地は、一般市民は全く活用しない飛行機の離着陸場辺りとの情報を得ている。

いつもモーター付き4輪車で街をブイブイ走らせ、交通状況を愚痴るツイートをしている。(jkのパンツの話などもしている…)
週末になると、自転車レース会場で作り笑顔で、洗いたくもない人の自転車を適当に洗っているらしい。
初めてヤマカツ練を行った時に「自分の自転車が一番汚いやんけっ!!!!」と、ヤマカツ練が誇る”野菜栽培おじさん”に突っ込まれていた!w

ツイートは非公開になっており、きっとバレてはいけないことをしているのだと予測される。
しかし、新妻もツイッターを開始して、友達になってしまったようなので「非公開の意味がなくなって来た!?」との噂を聞いたことはないけど、たぶんあるのだと勝手に思っている。
見た目とは裏腹に、かなりエロエロおじさんで卑猥おじさんなので、クソツイートが時折見られるっ!!
本人が「私のことを知っている人は、私がそういう人間だと知っている!!!」とのことなので…公開してやろうと思ったが、彼のファンも両手で数えるぐらいは居てるだろうから、イメージを潰したくないので止めておく。w(野菜栽培おじさんは優しいのだ!)

ヤマカツ練の中では、一番バランスが良く強い!
スプリント~5分ぐらいの高負荷は、めちゃんこ強いし、15分ぐらいの上りなら問題なくピュアクライマーと戦える!!!
そのえげつない太ももから発揮されるパワーは、ヤマカツメンバー最強クラスである!
モーター使用疑惑があるぐらい、私の感覚からすれば別次元のパワーだ!


キャプテンと同様、ルーラーというのだろうか?(知らんけど…)

 

・そろそろ結婚するのかと思わせぶりおじさん(ジャスさん)

生息地は、大阪市内の高い所らしい。
寝坊することが多く、練習開始のメニューはこなせないことが多い。
ヤマカツ練に参加するようになり、強くなり、ベストを更新しているらしい。
何かを管理しているようなのだが、モノなのかヒトなのか不明。
彼女には、管理されている雰囲気はある。(知らんけど…)

副キャプテンと同様に、ツイートが非公開である。
相方に知られたくないのか、職場の人に知られたくないのか分からないが、いつも正義を叫んでいる!
多くを語らず、少し涙目でいつも周りを見つめている。

E1おじさんであるが、パワーは野菜栽培おじさんの次に雑魚だ!
練習時には黄金のタレをかまさずに、安定して走ることが出来るクライマーおじさんである。

 

・いつまでE3おじさん!?と思っていたらE2に昇格したおじさん!(ゴリジ)

生息地は、ジャングル…いや…世界のシマノの近くらしい…
奥様に秘密で練習しているが、バレていることが多い。
夜練に参加すると、かなりの高確率で帰宅できなくなり、優しい先輩や後輩のお世話になり、奥様が怒っている。
皆から愛され・いじられキャラだが、期待に応えて、いつもハメを外し過ぎおじさんなのだ。


先ほどまでハシャイデいたのに、突然トイレから出てこなくなる傾向にある、トイレを寝床とする癖がある。

脚質は、オールラウンダーなのか!?
別の言い方をすれば、特に取り柄無し!
ヤマカツメンバーの中では、秀でているものがない…野生の力を発揮する時が来ると信じてる。
愛されキャラにより、チームの雰囲気を良くしている重要な役割を担う。(本人に担っている自覚があるのかは知らん…)

さっさとE1に上がれよ!といつも言われている。。。。

 

・結婚してないのに家買っちゃったおじさん(やんぼー)

生息地は、大和川の南辺りとのことだが、ツイッターで住所を聞かれた際に答える時は、いつも通天閣の住所を教えているらしい。(そもそも通天閣はだれの持ち物なのだ!?)
自分自身のことを「世界の平和のために戦うプリキュアだ!」と言い張るのだが、全世界のプリキュアファンを敵に回すぐらいに似合っていない。


そして、そんなプリキュアに助けられるぐらいなら、死んだ方がマシ…との声を聞いたことがある。(知らんけど…)

ヤマカツメンバーの中では、圧倒的スプリントおじさんとしてポジションを確立している。
30秒とかは、鬼の強さを発揮する!
脚の筋肉の付き方が、イカツイ!!!

しかし…上りがクソ雑魚だし、上りでのインターバル練を行うと、いつも最初に消えていく。
呼吸の乱れ方が尋常じゃないので「大丈夫か!?こいつっ!?」と、どうしても気になってしまい、相手の集中力を削ぐ作戦との噂もある。
レースの最後まで連れて行っちゃうと、最もやっかいなおじさんの一人だっ!

ちょっとメンタル弱いおじさんなので、仕事のストレスを増やすように仕向けたり、レース中に罵倒しておけば、きっと力を発揮できなくなるおじさんだと思う。w

 

・何となく全体を仕切るおじさん(俺!)

名前が「大和」なので「奈良出身!?」と言われること山の如し!なのだが、大阪府出身らしい。
生息地は、奈良だが奈良で発見されることは極めて稀である。
野菜栽培を趣味としているため、いつの間にか「野菜栽培おじさん」という名前が周知され始めた。
「農家の野菜より美味しい野菜を作る!」という意気込みで野菜を栽培しているらしい。

ヤマカツメンバーの中では、クライマーとしての地位を確立しているようだが、世間一般で言うピュアクライマーではない。
ロードレースを走れるおじさんを目指しているようであり、弱点克服のためにヤマカツ練のメンバーにシゴイテもらっている。
異常なまでのダイエットをしたり、異常なまでの根性を見せたり、話題作りに励んでいる。

ヤマカツ練で実施しているメニューでは、いつも一番弱い。
「おじさんだが、若い者には負けん!」って感じで、頑張るおじさん。

上記6名がヤマカツ練主要メンバーである。

 

おっと!いけないっ!!
参加してから皆勤賞のこの二人を忘れていたっ!!!

唯一の女性として、ずっと参加しているTeamGreenRoadのモトハル!
そして、モトハルを鍛えつつ自分も強くなっているヤス!!

それと…
一度だけ参加して、なぜかグループメッセージのメンバーに入っている、このおじさんも…

 

こんな感じのメンバーを中心に、メニューをこなしているのだ!!
ヤマカツ練で、俺は強くなる!!!!

ヤマカツ練紹介ブログでした☆

Changingman 兼松大和

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA