JPT広島2days初日

まずは、行程について。

5時に家を出て、桐Pを迎えに行く。

桐Pの家に6時前に到着。

6時に京都を出発。

出発後コンビニに立ち寄り、事故渋滞と通勤ラッシュ自然渋滞に巻き込まれながら高速を走り、高速で一回トイレ休憩し、広島へ。

高速を下りて、コンビニで昼食を買い、会場へ10時30分に到着。

意外に早く着きました☆

 

会場に到着後、桐Pを佐藤さん率いるVC福岡へ無事にお届けして、私は散策。

WALKRIDEとTeamGreenRoadで愛用しているサンボルトさんのジャージ!!

そのサンボルトさんのブースで、お話させて頂きました☆

そこで、可愛いアイテムをGET!!(笑)

そして、チームメンバーと木祖村以来の再会を果たし、テントを立てたり、チャリを組んだり、ご飯を食べたりしました☆

Facebookでは繋がっていましたが、レジェンド奈良さん・清水さん、サポート代表臼井さんとお話して、和気あいあいと過ごさせて頂きました♡

image

テントは、スタッフに貸して頂いたのですが、かなり日差しが強く暑かったので、とても重宝しましたっ( ̄^ ̄)ゞ

ありがとうございます☆(≧∇≦)☆

 

そして、レース前に、GETしたアイテムを使用する!!

image

可愛いっ*\(^o^)/*(笑)

 

そして、アップ。

距離が74㎞なので、軽く走っただけにしました。

そしてレースですが、作戦も何もない感じです。

前々で展開して、出来れば逃げたい!何てことを考えていましたが、全く無理でした囧rz(笑)

 

レーススタート!!

スタートと同時にいきなりハイペース!!

前の龍太郎君に着いて行くことに意識を向けて走っていると、比較的前に位置付けることが出来た☆

さすが龍太郎君!!

しかし、カーブがたくさんあり、下り区間では知らぬ間に前に前に人が入ってきて、気付けば1周を終える前に集団後方に…

この時点で、だいぶたくさんの人が千切れていました。

かなりハイペースだったようです。

何とか食らい付き走っているも、胸が苦しい…力が出ない…昼に食べたパスタが出てきそう…(−_−;)

3周目に入る前に千切れる…

そこから前から落ちてくる人をパスしながら、走り続ける。

これ…走る意味あるのかな…?とか考えていました。

すると、後ろから集団が来ました。

小室さんと清水さんが居てて、走り方を学んでいました。

この集団では、アクアタマの選手が男気のある引き方をしていました。

そして、ホンダ栃木の選手ですね☆

 

この集団で最後まで走りました。

いわゆるグルペットです。

4周目の途中から、身体が回復したというか、力が入るようになり、グルペットのペースが遅過ぎて何だか、益々走る意味があるのか不安になる。

(これは完全にアップ不足だったと反省です。)

5周目に入り、足切りを免れたことを確認したので、三段坂の手前で自然と前に出て、ペースで走っていると、グルペットから飛び出したような形になり、そのまま1周半をヒルクライムの練習という位置付けで300W〜350Wの間で1人で走っていました。

しかし、最後に追いつかれて、グルペットとゴールしました。

 

この行為をよく思わない選手がいたようで、注意されたり、叩かれたりしました!(◎_◎;)

練習したらダメなのね…

足切りを免れたと思ったから、グルペットから出たのに…

なかなか難しいものですσ(^_^;)

何がダメなのか、質問するのも嫌らしいので、頭を下げておきました。

すみませんでした。

 

そんなこんなの広島初日でした。

JPTで、伊吹山のRUNでの完走ではなく、ちゃんと走って完走出来たので、一安心です♡

特段、ドラマはないので、サクッと記載致しました( ̄^ ̄)ゞ

 

宿はキャプテンがとってくれており、有難い!

そして、小室さんと2人部屋!

集団走行の仕方や、いろんな話をして、とても学びが多かったです☆

豚の生姜焼き定食・ご飯大・生中で晩御飯!

愛媛今治のチームルッピの皆さんと楽しく会話しました!

そして、ホテルに戻って、栄養補給!

image

飲み過ぎ食べ過ぎ太り過ぎですが、まだオッケー!!

明日の150㎞のレースで完走出来るように、頑張りますo(^▽^)o

おやすみなさい☆

 

changingman  兼松大和

2 件のコメント

  • 西日本クラシック2日間お疲れさまでした。
    いきなりのロードレースで2レースとも完走は凄いと思います。

    大きなクーラーボックスやテント、沢山の氷など本当に助かりました!
    テントを貸してくださったのは勤務先のスタッフの方でしょうか?
    ありがとうございましたとくれぐれも宜しくお伝えください。

    背中?を叩かれたのは挨拶の意味だと思います。
    良く奈良も背中叩いたりお尻触って!挨拶しています。

    最終周ではなくて5周目に入り足切りを免れたことを確認した、のは何故でしょう?先頭とのタイム差が途中1分や2分しか開かなくても最終局面で一挙に開くことはありますので他のメンバーは完走確定とは考えていなかったと思います。(先頭集団は最終周17分くらいの最速ラップ)またレースによって足切りタイムはゴール時の事もあります。(広島では少ないですが石川はゴール5分でキッチリ切ることが多い。審判の判断)
    兼松さんたちのゴールタイムは10分過ぎているのでそれが適用されればタイムアウトになります。楽観視は出来ない状況だったと思いますので認識も違いがあったと思います。

    昨日、集団内で奈良は『回して下さい』と兼松さんに声掛けしたようです。
    ローテーションの仕方で巡航速度はまるで違ってきます。
    逃げの場合でもグルペットの場合でも如何に余計な力を使わずに速く走るか、が大切です。
    集団内で力が余っている場合、強く引く(強いヒルクラーマーにありがち)と周りの人にダメージを与えてしまいますから練習の為に長く引く事をお勧めします。集団コントロールしながら前を引けば、リザルトには残らずとも一緒に走ったメンバーには良い走り終りをしたことは判ります。今後のレースで連帯しやすくなります。最終週で登りで抜けだして行くのは勿論アリだと思います。
    余計なお節介すみません。注意をした選手はレースをよく分かっている方なので誤解を解きたいと。

    宮田・乗鞍とヒルクライム頑張ってください!

    • 臼井さんへ
      コメントありがとうございます。
      私に経験や知識がなく、様々な人にご迷惑やご心配をおかけしているのが申し訳ないです。
      臼井さんから頂いたアドバイスを、しっかりと咀嚼して吸収し、次に活かしたいと思います☆

      注意して頂いた選手には、感謝しています(^^)/
      お陰で学ぶことが出来ましたし、認識の違いがあったことも、よく分かりました。
      もし、お会いする事があるのであれば、臼井さんから「失礼があったことをお許し下さい」とお伝え願えますでしょうか??

      私は、完走することが目標であったのですが、しっかりと次に活かすトレーニングにならなければ意味がないと考えていました。
      だから「協調する」とかいう認識が薄く、「自分にどれだけ負荷を掛けれるか?」ということに意識が向き過ぎていました。
      お恥ずかしい話です。

      いろいろ学びが多いレースとなりました。
      特に、コーナリングや平地・下り・上りの走り方・グルペットの協調などを学べました。

      炎天下の中、サポーターとして活動頂き、ありがとうございました☆
      ボトルを受け取れた時、嬉しかったです♡
      今後とも、宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA