親族恒例行事の餅つき

結婚してから毎年必ず「突き手」として参加していた親族の餅つきですが、初めて役立たずの外野となりました…。

骨折してオペ確定になった当日に、親族にお詫び行脚したのは苦い思い出。

一度も絶やさず実施して来たMy wifeの実家行事ですが、私が居ないなら止めておこう!って話が出た時は、全力でMy wifeの妹の旦那に突き手を依頼しました。

餅を突く量が、周りの親族分も含まれるので、1人で突くのはベリーハードなんです。
ましてや弟は腰が弱い…
お義父さんの腰はこんにゃくで役に立たんし…

でも、弟がコルセット・湿布持参で行ってくれることになり、無事に開催出来ました☆

ということで、私の役割は子守りメインと写真係でした。


実家に着いて、米が炊き上がるまで超音波治療!
だいぶ腫れが引いて来た\(//∇//)\

姪っ子、甥っ子!

オセロのアドバイスして、2人の戦いを観戦。
途中に入知恵すると展開が変わって面白い。

そうこうしてる内に、餅つき開始。

義父と義妹♡

義妹と義父が、顔を見て笑っている素敵な写真!

義母っ♡

ええ顔やわ!!

義父とMy wife。

豆もち!

1番好きな餅!

海老もち!


途中で、ぜんざい、大根おろし餅、きなこ餅、えび餅、焼き餅などを食べる。
本当に突き立ては美味しい!!!

じいじ、ばあばに手紙を書くというので、アシストする。
自分も途中まで絵を描いたけど、センスないので嫌になった…

朝から晩まで飲んで食ってダラダラ過ごす。
これぞ毎年恒例の年末!って感じでした。

明日は仕事納め。

自転車に乗れなくても楽しく過ごせているけど、やっぱり乗りたいな〜
早く手足が満足に動くようになって欲しいけど、日にち薬なので致し方なしだわ。

良い経験が出来ているので、全てを糧に成長しようと思います☆

changingman 兼松大和

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA