LAKE CX402を3ヶ月使用した感想

LAKEユーザーになったのは、2017年6月からだっ!
Ignameの2017年5月合宿で、展示会があり、試着させてもらってCX301を購入したのだ。
CX301は、ヒルクライム用シューズで軽量かつフィッティングが良かったので、その場で購入を決意した。


そして、そのシューズで、富士ヒHC、美ヶ原HCと連勝して、乗鞍で調整失敗おじさんで4位と大敗したけど、松本ヒルクライムを総合優勝することが出来たのだっ(*^^)v

乗鞍機材その2 ~ウエア・シューズ~

その5月の展示会で、CX301以外に多数試着したのだが、ホールド感に感動したのがCX402だ!!!
Ignameカラーをチームで作成するとのことであったので、物欲マックス!!!
そして、Ignameカラーが出来上がり、試着を重ねて、手に入れることができました☆


そうなんです!!
たくさんのサイズを実際に試着して、実際にオーブンで成型して、左右別でオーダーが出来るという素晴らしい対応っ♡
これには感動しましたね~(≧◇≦)

って感じで、テンション上がって何度かツイートしています☆

そして、こやつで温めて、自分の足にフィットさせるのです(^^♪


オーブンで温度管理をしながら、自分の足(特に踵周辺)をグッと押し込んで、カーボンを足に合わせるのであ~るぅ~!!
このシューズが届いてから、スペシャとSIDIとCX301といろいろと履き比べして実走するのですが、明らかにCX402は良い!!
抜群に軽いのはCX301だけど、フィット感と疲労しにくさではCX402が良いです!

それと、solestarとの相性が良い気がします。
インソールのソールスター?ソレスター?ソリスター?発音分からん!!!
solestarを他の靴に入れて使用してみたが、全体のフォールディング感は、やはり靴に影響している気がする。


でも、踏み込んだ時の足の軌跡は、インソールの影響を受けやすいと思う。
引き足は、踵のフォールディングは重要だと思います。(知らんけど)
ちなみに…アホだから、solestarのインソールを入れ替えれば良いのに、CX301とCX402用に2つも手にしてしまったという…(笑)

solestarの記事は、昔にちょこっと書きました。 → Solestarのインソールを使ってみた

私は成型するシューズは初めてなので、もしかしたら他の成型シューズも同じような感じを得ることができるかもしれないのだが…
ただ、LAKEのシューズをいろいろ試着させてもらったけど、どれもフィット感がソフトであり、締め付けもGOOD!!なので、良いシューズだと思った次第であります。はい。そうです。

詳しいことは私はわからんので、詳細はプロにお任せします!!

LAKE CX402 熱成形ソールにカンガルー革を合わせた最高級ロードシューズ

やはり、専門家は詳しい…野菜栽培おじさんがインプレする意味などないのでは…(*´Д`)

こっちもどうぞ!!

LAKEシューズのデザイナーが語る、その魅力、アドバンテージ、そしてフィッティング

もう私の記事は要らんですよね…((+_+))

でも、金払って書いてもらってるかもしらんし、そういう意味では私の書くことは、一般人が書いているので多少は意味あるのかなっ!?

私は、LAKEを気に入っています。
ロードレースや長距離練習は、CX402です!

ヘルオブマリアナ(実戦レース)でも使用しましたが、良いです☆

そして、ヒルクライムレースでは、CX301です!!

富士ヒルを勝った時には、CX301です!!!
この写真は、渾身の力でスプリントしているものです!(大好きな写真の一枚です☆)
本気の顔が好き!ピッタリフィットしてシワがないウエアも好き!何より、エターナルセカンドを初めて脱したので好きです!(笑)

CX301は、レースでも結果を出しているし、たくさんのユーザーが使用していることからも、実績がある靴だと思います。

CX402とsolestarが気に入っているのは、フィット感や踏み込み感などもそうですが、一番は…
膝の痛みが消えたこと!そして、長距離後に脚が疲れにくくなったことです。
靴とインソールが大切なんだと思わせてくれたのが、この組み合わせです!!

このツイートをご覧下さい。


200km越えて痛みが出ない何て初体験だと思います。

そして…


1日回復走を挟んで、強者達と高強度で175kmも走ったけど、膝ボンは爆発しませんでした!!

これが一番嬉しいのです。

このLAKE CX402とsolestar KONTROLの組み合わせは、私には最高です!!

LAKEはいいぞぉ~!!!
solestarはいいぞぉ~!!!

以上、いいぞぉ~おじさんの、いいぞぉ~ブログでした(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

Changingman 兼松大和

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA